旅好き個人事業主のtravel tips

*

空港のバゲージラッピングサービスとスーツケースカバー

   

海外旅行の際は、受託手荷物として大型のスーツケースやバッグを預ける方も多いかと思います。

大切な荷物ですから、破損や盗難防止のためにスーツケースカバーやバゲージラッピングサービスを利用する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私自身、アジアへの短期旅行の際は機内持ち込み荷物のみで旅をしますが、長距離線、1週間程度の旅となりますと大型のスーツケースが必要です。

乗り継ぎが多い場合や、東南アジア路線などではバゲージラッピングサービスを利用し、スーツケースを保護しています。

そこで、国内と海外の空港で見かけたサービスの料金などについて、過去の記録をもとにご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

バゲージラッピングサービスとは

バゲージラッピングサービスとは、国際線の空港に設置されているスーツケースやバッグをプラスチックラップでぐるぐる巻きにするサービスのことです。

治安・セキュリティーの心配な国、エリアの空港ほど必ずといっていいほど設置されていますよね。

運搬途中のスーツケース破損は仕方ありませんが、盗難となれば話は別です。

私は以前、東南アジアの某空港でスーツケースのカギを壊され、中身を物色されました。

幸い貴重品がなかったので、何も盗まれることはありませんでしたが、気味が悪かったのは確かです。(鍵がなくなったスーツケースは帰国後、航空会社に修理していただきました。)

これ以降、目的地や利用航空会社をチェックし、心配なエリアへの渡航の際は、受託手荷物にラッピングをするようにしています。

世界の空港  サービス料金

日本 成田空港 (2015)

IMG_4684

成田空港第1ターミナルでスーツケースをラッピングしていただきました。

XLサイズのスーツケースで料金は1,000円。

お支払いは現金のみ(ドルやユーロでも支払い可能)。

Dカウンター付近の他、北ウィングのBカウンターにもあるようです。

第2ターミナルの出発フロアにもございます。

参考:成田空港バゲージラッピングサービス 

日本 羽田空港 国際線ターミナル

16haneda1

参考:羽田空港国際線ターミナル ラッピングサービス

羽田空港は、手荷物一時預かりカウンターがあるH,I付近で利用できます。

こちらも成田同様、160cm未満の荷物であれば、1,000円/個ですね。

チェコ プラハ空港 (2015)

IMG_4947

チェコは自国通貨のコルナがあるのですが、支払いはユーロでも可能でした。

お値段は5ユーロ/129コルナ。

ベトナム ハノイノイバイ空港 (2015)

IMG_4476

ハノイの料金は60,000VND。

従業員さん次第ですが、アメリカドルでの支払いも可能です。

帰国時ということで、ベトナムドンを使い切ってしまったため、ドルで支払いました。

料金:3USドル

タイ バンコクスワンナプーム国際空港

16airport2

チェックインカウンターの手前にあったラッピングポイント。

従業員さん、腰を痛めているのでしょうか。

コルセットをつけていました。

この作業を毎日長時間続けていると、体に負担が生じてしまいますよね。

ご苦労様です。

16airport3

バンコクのサービスで素晴らしいと思ったのがこちら。

そう、カッターがついていたのです。

ぐるぐる巻きにする最後の段階で、この小型のカッターも一緒に巻いてくださいます。

スーツケースが保護されて助かるこのサービスなのですが、ホテル到着時に開封作業が大変なんですよね。

自前のカッターやハサミは機内持ち込みができませんので、スーツケースの中です。

ということで、この小型カッターは重宝しました。

<料金表>

Sサイズ(40.2×19.3×30cm):100バーツ

Mサイズ(40×40×35cm):150バーツ

Lサイズ(50×45×40cm):200バーツ

台湾 台北松山空港

16airport1

台北松山空港では、ヤマト運輸が手荷物関連の配送サービスを行っています。

直接発送することも可能なので、便利ですね。

ラッピングサービスもございました。

<料金表>

150cm以下:200NTD

150cm-200cm:250NTD

201cm以上:+50cmごとに50NTD追加

オーストラリア メルボルン国際空港

16melbourne172

メルボルン観光を終え、次の目的はバンコク経由で中国・広州へ。

大変申し訳ございませんが、両国ともに受託手荷物の扱いが心配ですから、ここは迷わずサービスを利用することに。

料金:14ドル(約1,120円)/個。

ドイツ ベルリンテーゲル空港

16berlin2-17

ドイツ・ベルリンテーゲル空港では、税関奥に郵便局や手荷物一時預かり、ラッピングサービスがございます。

お値段は確か11ユーロだったかと思います。

 スーツケースカバー

ラッピングサービス以外には、スーツケースカバーを購入し、保護するという方法もございます。

こういう商品ですね。

 

私も以前、デザイン重視で伸縮タイプのものを利用していたのですが、生地の汚れが落ちにくいのが難点。

また、カバーをした状態のスーツケースをロストバゲージした際に、現地空港でこの点をきちんと説明しなくてはなりません。

ロストの場合は、スーツケースベルトも紛失していることが多く、カバーも残っているかどうか怪しいのです。

スーツケースの特徴+カバーの詳細を伝えたものの、見つかるまでは冷や冷やものでした。

となりますと、シンプルisベスト!

 

保護という目的重視であれば、こういう透明タイプのカバーの方が、ロストバゲージの際に伝えやすいかと思います。

まとめ

海外で見かけたバゲージ(ラゲージ)ラッピングサービスについて、まとめてみました。

スーツケースの汚れや破損は仕方ないことですが、海外での空港スタッフによる盗難を防ぐことについては若干効果はあるのではと考えています。

 - トラベルグッズ・旅行グッズ

PC

PC

  関連記事

IMG_7327
RIMOWAを修理 ドイツで購入したルフトハンザモデルも5年保証の対象です

ヨーロッパ旅行中、ドイツ経由で帰国するのであれば、リモワ(RIMOWA)のスーツ …

P1010412
サタケのマジックライスは非常食・保存食としてだけでなく、海外旅行のお供に便利

自然災害の多い日本に住む私たち。 非常時に備え、保存食を買い置きしているご家庭も …

IMG_6855
ノイズキャンセル対応のイヤホンSONYーMDR-EX31BN を購入し、iPhone6sと接続

以前から飛行機内の騒音が気になっていた私ですが、普段イヤホンで音楽を聴く習慣がな …

IMG_7968
Anker PowerCore 10000 / 24W 2ポート USB急速充電器レビュー

今月末から大型連休が始まりますね。 海外旅行を控えているということもありまして、 …

16rimowa5
廃盤RIMOWAnotebookの修理記事を書こうとしたら、ルフトハンザモデルが発売再開になっていた

前回の記事では、ドイツで購入したRIMOWAの修理のため、銀座のストアへ足を運ん …

Translate »