旅好き個人事業主のtravel tips

*

バルセロナからフィゲラス、マドリードにはトレドをプラス 芸術鑑賞とLCCの旅

   

前回のオランダ旅行記に続く過去旅シリーズのパート2。

今回はスペイン編です。

反応は大方の予想通りではございましたが、書いている本人の満足度だけはすこぶる高い!

というわけで、今回もほぼほぼ自分自身のために、記憶を遡り旅の記録をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

スペインへの行き方 飛行機・長距離バス

前回同様、まずはスペインへどのようにして入国したのかについて、記憶を辿ります。

1回目 ミラノからバルセロナ バルセロナからブリュッセルへ

16map18

初めてスペインを訪れたのは、ヨーロッパ周遊ひとり旅の1回目。

イタリア・ミラノからバルセロナへ移動。

一般的には飛行機や鉄道パスでと予想されるかと思いますが、お金はなくても時間はあるのが学生です。

時間よりも節約優先。とにかく安く周遊したかったため、ユーロラインズ(長距離バス)の周遊券を購入し、このような恐ろしいほどの長距離移動を決行しました。

参考:See more of Europe for less with a Eurolines Pass

ヘトヘトになってバルセロナに到着。数日間滞在し、アンドラにも1泊2日で足を延ばします。

次の目的地はフランスを縦断し、ベルギー・ブリュッセル。

こちらも体力勝負のバス移動です。

フランスを無視した旅程ですが、入出国の記録を1回とカウントしますと、今までに10回程度は訪れているかと思いますので、フランス嫌いというわけではございません。(念のため)

2回目 リスボンからマドリード マドリードからロンドンへ

16map19

2度目のスペイン旅行は首都マドリードとトレドです。

周遊1回目の教訓から、2週目は鉄道パスを購入したのですが、ヨーロッパをぐるりと周り、ポルト(ポルトガル)で使い切ってしまいました。

このため、リスボンからマドリードへのチケットについては現地で調達。

バスが安かったため、結局この区間もバスで移動したようです。

マドリードの次はロンドンへ。

さすがにこの区間は飛行機を利用。

LCC(格安航空会社)のeasy jetで移動したと思うのですが、記憶が定かではございません。

3回目 パリーバルセロナーマドリードーパリ

16map20

3度目のスペインは、お盆休みに主人と一緒に旅行しました。

パリ、モンサンミッシェルの旅と、バルセロナ&マドリードを組み合わせて計画。

お盆休みだったということもあり、パリの往復航空券(特典航空券)だけを早々に抑え、中の移動は別手配で少しずつ決めていったような気がします。

パリからバルセロナへはeasy jetで移動。

シャルルドゴール空港ではなく、中心部に近いオルリー空港を利用できるため非常に便利。

 

2時間弱のフライト時間ですから、LCCでも構いません。

チケット代は約14,000円/人でした。

バルセロナを旅した後は、マドリードへ移動。

こちらもLCCのvueling(ブエリング航空)を利用しました。

バルセロナからマドリードへは飛行機で1時間15分です。

この航空券は5,000円/人とお安く購入できたようです。

最後は再びeasy jet。

マドリードからパリ・オルリー空港へ向かいます。

航空券は約10,000円/人くらいでした。

旅行記

バルセロナ

それでは数年前の旅行記で恐縮ですが、画像と共に振り返ってみたいと思います。

バルセロナといえば、アントニ・ガウディ建築巡りは欠かせませんね。

spain006

グエル公園、カサ・バトリョ、カサ・ミラなどなど、ガウディ作品は複数ございますが、観光客が必ず訪れる場所といえばサグラダファミリアでしょう。

spain007

spain008

未完の建造物ですから、詳しい方がこの画像をご覧になると〇〇〇〇年のものだな、とお分かりになるかもしれません。

参考:サグラダファミリア公式サイト

私は過去2回とも、現地でチケットを購入しましたが、公式サイトから事前に購入することもできるようですね。

お値段は29ユーロ(2016.11)。

数年前と比較しますと、倍以上に値上がりしている気がします。

spain009完成は2026年を予定しているとのこと。

全体像を是非見てみたいという気持ちになりますね。

フィゲラス(フィゲレス)

spain012初めてバルセロナを訪れたときは、お隣の国、アンドラ公国へショートトリップいたしました。

2度目もちょっとお出かけ。

バルセロナ・サンツ駅から列車に揺られること約2時間。

参考:Renfe(スペイン鉄道 公式サイト)

フィゲラス(フィゲレス)という街に到着しました。

 

この街に来る観光客のお目当てといえば、ダリ美術館ですね。

Teatre-Museu Dalí
Plaça Gala i Salvador Dalí, 5, 17600 Figueres, Girona, スペイン
営業時間:10:30-18:00

駅から約1km、徒歩13分程度ですから、ブラブラと街並みを散策しながら美術館へ向かいます。

spain001
spain002

spain004

外観からワクワクしますが、館内の展示物、作品鑑賞もとにかく楽しい。

spain005ダリワールドに浸りましょう。

この美術館であれば、小さなお子さんも楽しめるのではないでしょうか。

spain011

マドリード

マドリードではソフィア王妃芸術センターでピカソのゲルニカ鑑賞。

参考:Guernica  Pablo Picasso (Pablo Ruiz Picasso)

 

プラド美術館ではベラスケスのラス・メニーナスは必見となります。

参考:Las Meninas Velázquez, Diego Rodríguez de Silva y

美術に造詣が深い方であれば、ミュージアム巡りに多くの時間を費やされるのではないでしょうか。

私はといえば、

spain013パエリアに舌鼓を打ち

spain010

間近で見る迫力のフラメンコに釘付け。

spain014街ブラももちろん楽しみました。

まとめ

同じ国や都市に複数回訪れていると、どのようなルートで入出国したのか、記憶がどの年のものなのかが曖昧になってきます。

過去の旅を振り返ってみることで、情報を整理できて良いですね。

バックパッカー時代の写真については、ハードディスクに残っていないため、トレドの画像を引っ張ってこれなかったことが残念ではございますが、ざっくりとスペイン旅行記をまとめることができました。

自己満足な記事に最後までおつきあいくださった読者様には、改めてお礼申し上げます。

懲りずにパート3も作成を予定していますので、何卒よろしくお願いいたします。

 - スペイン

PC

PC

  関連記事

関連記事はありませんでした

Translate »