旅好き個人事業主のtravel tips

*

カタール航空でバンコク・ホーチミン・ハノイ行きを考える

      2016/11/27

カタール航空のフライトマイル記事に、ドーハ以遠、ヘルシンキ、アテネ、ホーチミン、ハノイなどのマイル数を追記しました。

また、目的地(路線)については、獲得できるマイル数を昇順で並び変え、表を作り直しています。

日本在住の私たちにとって、カタール航空と言えばヨーロッパへ安く行くために活用する航空会社。

なぜバンコクに加え、ホーチミンやハノイを加えたのでしょうか。

私の考えがお分かりになる方も、そうでない方も、空想旅行におつきあいいただけるようであれば、読み進めていただけると幸いです。(一般的ではございませんので、ここから先の内容についてはご容赦ください。)

スポンサーリンク

ヨーロッパ発、バンコク・ホーチミン・ハノイ行きを考える

16map23

日本在住の私たちがカタール航空を利用するケースというのは、ヨーロッパや中東の都市へ行く場合だと思います。

パリやフランクフルト、ロンドンといった主要都市であれば、直行便がございますが、中欧やヨーロッパの比較的マイナーな都市を目的地とする場合、中東系エアラインの路線網と航空券の価格は魅力的。

日本からは深夜便を利用できるということもあり、体力に自信のある方であれば積極的に利用している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

カタール航空の就航都市

カタール航空はドーハ以遠、ヨーロッパ各地に路線がございますが、ヨーロッパ在住の方の立場になって考えますと、ドーハ以遠のアジア路線も充実しています。

欧州発ドーハ経由でバンコクやシンガポール、香港といったアジアの都市へ向かうということですね。

値段が安いとはいうものの、日本からドーハ、ドーハからヨーロッパという長時間フライトがネックとなり、エコノミーでの利用は躊躇してしまいます。

しかしながら、私は欧州発のチケットを所持しているため、欧州発東南アジア行きというルートをとることが可能。

ヨーロッパからの帰り道に、大好きなタイやベトナムに立ち寄り、1,2泊してから日本に帰国ということです。

ということで、ドーハからタイ、ベトナムの飛行時間を確認してみました。

フランクフルト発ドーハ経由バンコク行き

16map21

16qr016

例えばフランクフルト。

フランクフルトードーハ間は6-7時間。

ドーハーバンコクも同じく約6-7時間です。

16qr017

乗り継ぎ時間が2~3時間とちょうどよい休憩時間となります。

10時間フライトの後で6時間も機内に閉じ込められるとなりますと、少々自信がございませんが、6-7時間であればどうにかなるのではないだろうかと考えています。

マイレージに関しては、Qクラスであれば

フランクフルトードーハ:2,848(往復)

ドーハーバンコク:3,268(往復)

合計:6,116マイル(*ブリティッシュエアウェイズに加算)

ただし、ここでの注目はマイルではございません。

BAの上級会員資格取得に必要なティアポイントですね。

ドーハー東京もドーハーバンコクもティアは同じ35(往復70)となります。

すなわち、Qクラスであれば、フランクフルトードーハーバンコク往復で140ポイント獲得です。

ヘルシンキ発ドーハ経由ホーチミン

16map22

16qr018

ヨーロッパ発東南アジア行きの航空券を購入するというのは、マイルや上級会員資格のためではございません。

あくまでも、旅の目的地と目的地をつなぐため。

私は台湾や香港、シンガポールよりもバンコクやホーチミンの方が好きなため、シミュレーションは好みの街で行っています。

オスロに破れはしましたが、ヘルシンキも行きたい街リストから外れているわけではございません。

ヘルシンキードーハ間は6-7時間

ドーハーホーチミンは8時間弱となりますね。

バンコクよりも飛行時間は長くなります。

このルートは、乗り継ぎ時間などを考えると却下ですね。

16qr019

 

考えられるケースは、ビジネスクラスのセール価格。

ヨーロッパ発東南アジア行きが、15万円程度であれば、検討の余地はございます。

もちろんヨーロッパならどこでも良いというわけではなく、希望都市と希望都市を結ぶケースでとなりますが。

例えばこの路線、ビジネスクラスでとなりますとマイレージ加算は以下の通り。

ヘルシンキードーハ(往復):6,830マイル、280ティアポイント

ドーハーホーチミン(往復):9,320マイル、280ティアポイント

合計:16,150マイル、560ティアポイント

ティアポイントが600貯まるとワンワールドサファイア獲得です(BA4区間は必須)。

アムステルダム発ドーハ経由ハノイ

16qr021

ヨーロッパ内の好みの都市と、東南アジアの好きな街を結ぶルートをシミュレーションとなりますと、様々なパターンが生まれます。

アムステルダム発ハノイ行きというモデルケースもありますね。

まとめ

日本発着のカタール航空の場合は、最終目的地がアテネなど、ドーハ以遠の飛行時間が比較的短い街ならよいのですが、ヨーロッパでも北の方に位置する街の場合は、6時間~の飛行時間となります。

ならば、ドーハと東南アジアを結ぶケースならばどうなのかということでシミュレーションをしてみました。

欧州発での考え方となりますので、エコノミークラスであればあくまでも価格が極めて安い場合に限られます。

日本発着が5-6万円代にも関わらず、欧州発バンコク行きが10万円では購入する意味がありませんからね。

ドーハーバンコク間のフライト時間を考えますと、乗り継ぎ時間が2-3時間となる都市であり、エコノミークラスでも6万円代であれば、チャレンジしても良いのではないかというのが個人的な結論です。

もちろん、バンコクでは1,2泊の滞在を予定。

バンコクー日本の航空券については別途手配する必要がございますので、特典航空券を活用するというのが条件にはなってくるかと思います。

一番良いのは、ヨーロッパ希望都市ーバンコク・ホーチミン・ハノイのビジネスクラスが15万円程度というパターンではございますが、旅程とピッタリ合わせなければなりませんので、これはこれで難しいですね。

というわけで、長々と妄想してみました。

こんなことを考えているということは、ブリティッシュエアウェイズで行くヨーロッパに若干飽きてきたというのが理由の一つ。

毎回同じ便、機内食、機材、ラウンジでは搭乗記としてツマラナイですよね。

私自身、新鮮な視点で書くことができません・・・。

お値段重視のため、最安値であれば検討せざるをえませんが、そうでない場合はもっと様々なパターンを検討していきたいと思います。

 - カタール航空 , ,

PC

PC

  関連記事

IMG_3243
カタール航空 ビジネスクラス搭乗記 QR806便 DOH-NRT B777-200

前回はカタール・ドーハの新国際空港「ハマド国際空港」のビジネスラウンジのネタでし …

152181
日本撤退予定ではなかったの?販売期間20日まで!カタール航空が限定セール

つい先日「カタール航空日本路線からの撤退検討 初搭乗したばかりですが・・・」とい …

15514qrpromo1
カタール航空ビジネスクラス 「 2 FOR 1 」 のお得度と上級会員への道を考える

カタール航空が期間限定でビジネスクラス特別価格のキャンペーンを実施中です。 期間 …

カタール航空の就航都市
カタール航空で貯まるマイレージ数の一覧表 セール運賃でも可能です

深夜便を利用し、ヨーロッパ各地へアクセスができるということに加え、4万円代、5万 …

151009q1
カタール航空のウィークエンドセール!深夜便で宿泊費節約&JAL特典航空券にも手が届く?

カタール航空が10月9日から10月11日の期間限定でウィークエンド・セールを実施 …

Translate »