旅好き個人事業主のtravel tips

*

スカンジナビア航空搭乗記 ベルリンーオスロ B737-800(SK4724 TXL-OSL)

   

ベルリンからノルウェー・オスロへ、スカンジナビア航空の搭乗記です。

スポンサーリンク

 チェックイン

16berlin-oslo24アレクサンダープラッツ駅からTXLバスに乗り、ベルリンテーゲル空港に到着しました。

スカンジナビア航空はメインターミナル(A)ではなく

16berlin-oslo104

こんな感じのDターミナルを使用。

まるでLCC専用ターミナルのようですが、KLMやエールフランスもこちらを利用するようです。

16berlin-oslo105

ついついチェックしてしまう、フライト表示スクリーン。

赤いロゴはワンワールドのエアベルリン。

エアーリンガスでダブリン、エーゲ航空でアテネ、ウクライナ航空でキエフといった路線があるようです。

16berlin-oslo103以前ベルリンからスカンジナビア航空を利用した際は、2時間前にならないとカウンターがオープンしていなかったのですが、今回は早々に手続きができました。

リモワのスーツケースを預けて、ボーディングパスをいただきます。

ロストバゲージしませんように!

ラウンジ

ターミナルDにはラウンジがございませんので、Aへ戻りましょう。

とはいえ、小さな空港ですから移動は徒歩で数分です。

ルフトハンザラウンジで一休み。

この記事を書きたいがために、Norwegian(ノルウェジアン)にしなかったのでは?

否定はしませんが、比較するにはお値段がちょっと・・・。

LCCを賢く使うためには、セール時の予約とチェックイン荷物なしというのが重要なようです。

フライトインフォメーション

航空会社 スカンジナビア航空
便名 SK4724
飛行区間 ベルリンーオスロ(TXL-OSL)
クラス エコノミー(L)
スケジュール 13:30-15:05
飛行時間 1時間35分
機材 B737-800
航空券代金 約12,000円

 

航空券のお値段は約12,000円。

飛行時間1時間半で、お隣の国どころか、その先の国へ旅ができるのですから、ヨーロッパ在住の方にとっては週末海外、日帰り海外は珍しくもなんともないですよね。

日本もLCCのお蔭で台湾や韓国、香港へ安く行くことができますが、お値段が安くても東京からですと時間がかかります。

ソウルでさえ2時間、台北は3~4時間ですからね。

2時間以内で様々な国へ旅ができるヨーロッパの人が羨ましいです。

さて、この区間、予約クラスがLということで、残念ながらANAのマイレージには加算対象外の運賃タイプとなります。

参考:スカンジナビア航空 運賃別積算率(ANA公式サイト)

SASや、ユナイテッド航空、エアカナダ等他のスターアライアンス航空会社であれば、加算対象となるのですが、ごくごくわずかなマイル数ですし、UAもACも今はマイルを貯めていませんので、ANAで登録しておきました。

(スターアライアンスゴールド資格があれば、荷物の追加と事前座席指定が無料となります。)

1マイルたりとも無駄にしないのがマイラーであるならば、そこまでこだわりのない私は、もはやマイラーではないのかもしれません。

ボーディング

ラウンジで休憩させていただいた後、再びDターミナルへ。

手荷物検査を済ませ、出発ゲートエリアに入りました。

16berlin-oslo100

ゲート付近には、免税店や軽食がとれるスペースもあるのですが、非常に狭く、ベンチの数も少ないため、ボーディング開始となるとご覧の通りの大混雑となります。

スターアライアンスゴールド用の優先搭乗アナウンスや専用レーンなどはございません。

また、ボーディングブリッジではなくバス移動・・・。

飛行機を間近で見ることが出来る、撮影ができるということもあり、お好きな方にとってはよいのでしょうが、私にとってはガッカリです。

キャリーケースを持って階段を上り下りしなくてはなりませんので、荷物が多いと大変です。

座席/シート

バス移動のため、シート撮影はできませんでした。

16berlin-oslo102

無理矢理撮影した1枚。

3-3の配列です。

2時間弱であれば、窓側でも真ん中座席でも構わないのですが、事前座席指定ができましたので、通路を選択。

飲み物は無料サービスです。

16berlin-oslo101Wi-Fiサービスもあるようですね。

料金は7ドル/6ユーロ

SASの上級会員さんであれば、無料で利用できるようです。

 

まとめ

16berlin-oslo106出発が若干遅れましたが、オスロ空港に無事到着。

シェンゲン協定国ですので、入国審査はございません。

飛行機を降り、免税店を通過し、荷物引き取り所へという導線のオスロ空港。

空港内はWi-Fiが無料となっていますので、スーツケースを待っている間、早速接続。

ロストすることなく、荷物を引き取り一安心。

大幅な遅延やロストバゲージがなく、片道12,000円でノルウェーに行くことができるのであれば満足です。

ラウンジでドイツビールと食事を楽しむ方であれば、更にお得なフライトとなるのではないでしょうか。

 - 2016.10 オスロ・ロンドン , ,

PC

PC

  関連記事

オスロのカフェ キャサリンホルムを眺めながらのティータイム@Retrolykke kaffebar

世界で一番行きたかった憧れのカフェ。 「Retrolykke kaffebar( …

オスロ空港-市内へのアクセス 鉄道(NSB)とFlytogetを利用 宿泊先によってはバスも便利

オスロ空港から市内までの行き方/アクセスは、タクシー、NSB (鉄道)、Airp …

オスロとヘルシンキ 航空券の値段や移動ルート、ホテル料金を比較

今年3度目となるヨーロッパへの旅。 往路については前回購入したベルリン発ロンドン …

オスロ旅行記 オペラハウスとノーベル平和センター お土産にはチョコレートメダルを!

1日交通チケットを購入し、オスロ市内を観光開始。 オペラハウスとノーベル平和セン …

ベルリン‐オスロ航空券 スカンジナビア航空(SAS)とLCCのNorwegian(ノルウェジアン)を比較

オスロにするか、ヘルシンキにするかで悩んだ結果、訪問35ヶ国目に選んだのはノルウ …

Translate »