旅好き個人事業主のtravel tips

*

夏のドブロブニク旅行記 再訪するなら宿泊したいホテルなど

      2017/02/10

前回のスロベニア編に続き、セットで周遊する方も多い「クロアチア・ドブロブニク」旅行について振り返っていきたいと思います。

再訪するなら是非とも宿泊したいのは・・・

スポンサーリンク

ドブロブニクへの行き方

croatia019日本からクロアチアへの直行便はございませんので、ヨーロッパの都市を経由し、ドブロブニクに向かいます。

ルフトハンザ、オーストリア航空、ターキッシュエアラインズなどスターアライアンス系の便数が多いようです。

参考:ドブロブニク空港(公式サイト)

私がとったルートは地図の通り。

croatia008

成田からオーストリア航空でウィーンへ、クロアチア航空に乗り換えて首都ザグレブを目指し、そこからさらにドブロブニクへ。

復路はドブロブニクからウィーンへ向かい、数日滞在した後に再度オーストリア航空で成田へ帰国というスケジュール。

ANAのマイレージを使い、クロアチアとオーストリアの2カ国を周遊いたしました。

観光

今でこそコンパクトでカワイイガイドブックが出版されていますが、

私たちが旅をした頃は、地球の歩き方でさえも単独のガイドブックを出版しておらず、中欧編の中で紹介されているだけでした。

とはいえ、ヨーロッパの方にとっては人気の観光地。

夏のベストシーズンということもあり、小さな旧市街は観光客で賑わっていました。

croatia012

 

croatia011

ゲートを抜けると、城壁に囲まれた旧市街となります。

croatia017

croatia001

伝統衣装に身にまとい、パフォーマンスをするミュージシャン。

croatia009レストラン、お土産屋さんが建ち並びます。

croatia013

croatia014マーケットでフルーツを購入したり

croatia015

クロアチアグルメを満喫。

croatia030

ドブロブニクではグルメに関してハズレがなく、どれも美味しくいただいた記憶がございます。

croatia031街をブラブラしていると、こんなラッキーな場面に遭遇することも。

croatia002城壁に囲まれたドブロブニクの旧市街。

壁をぐるりと一周してみましょう。

croatia003

croatia018

私たちは数日滞在しましたが、城壁内の旧市街だけなら半日あれば観光可能。

croatia022croatia004フライトによっては弾丸旅行もできなくはありませんが、リゾート地ですからできれば数日のんびりと過ごしたいですね。

croatia026

croatia027

贅沢なひとときです。

croatia028

ニャンコものんびり

croatia016

ルクロム島へ

croatia029

旧市街からはフェリーに乗って近くの島へショートトリップをすることが可能。

croatia021

croatia025チケットを購入し、島を目指します。


croatia024

島に到着後は、遊泳ができそうな場所へ移動。

ビーチリゾートへはあまり行かない私たちですが、たまにはこういう旅も良いですね(とはいえ、結局はヨーロッパ内)。

再訪するならホテルはこちら!シェラトンドブロブニク

Sheraton Dubrovnik Riviera Hotel
Šetalište dr. F. Tuđmana 17 – 20207, Srebreno, 21312, Mlini, クロアチア

 

実は、今年(2016)のゴールデンウィークはドブロブニク再訪も候補のひとつでした。

残念ながら予定をキャンセルし、メルボルンへと変更になったわけですが、機会があればぜひまた再訪したい都市のひとつ。

宿泊するならシェラトンが良いですね。

croatia020

シェラトン・ドブロブニクはカテゴリー2のホテル→2017年3月7日からカテゴリー3に上昇

SPGのスターポイントは航空会社のマイルに移行する方がお得ですが、宿泊特典でもお得に利用できる場合がございます。

カテゴリー2は週末3,000、平日4,000で利用可能→カテゴリー3=7,000ポイント

夏のピーク時であれば、価格は高騰するでしょうからポイントで宿泊するのも良いかもしれません。

まとめ

クロアチア、ドブロブニクの旅の思い出と、再訪するなら宿泊したいホテルについてまとめてみました。

第4弾となる過去旅日記。

最後までおつきあいくださった方には改めてお礼申し上げます。

 - クロアチア

PC

PC

  関連記事

関連記事はありませんでした

Translate »