旅好き個人事業主のtravel tips

*

航空券を購入する場合とマイル/特典旅行 使い分けて旅費を節約

      2017/07/12

現在、今年(2017)の旅の計画を着々と進めています。

とはいえ、旅をするためには先立つものが必要です。

セール情報をチェックし、なるべくお得に航空券を購入できればと思いますが、コツコツと貯めているマイルを使って旅費を大幅に節約することも重要です。

航空券を購入する場合と、マイルを使うケース。それぞれ使い分けてお得に旅をするというのが、今年の目標ですね。

スポンサーリンク

制度変更に備え、マイレージやポイントは定期的に消費する

航空会社のマイレージは、いつ制度変更になるかわかりませんので、あまり貯めこまずに年に1度は必ず消費しています。

ホテルのポイントに関しても、制度変更の際には、良い方ではなく悪い方に変更になることが多く、IHGでは1月15日付でカテゴリーの変更が行われ、多くのホテルで必要ポイント数が増えてしまうのだそうです。

公式サイト:IHG Rewards Club 2017 Point Changes – IHG.com

私もわずかですがポイントを保有していますので、リストをチェックしてみました。

幸い、検討していたホテルは変更がないようでしたが、昨年宿泊したベルリンのホリデイインは20,000ポイントから25,000ポイントへと増加してしまうようです。

たった数泊の滞在でいただいたポイントも、実際に活用して初めてお得と言えるもの。

マイルにしても、ホテルポイントにしても定期的に利用しなくてはなりませんね。

旅費を節約するためマイルを使う でもこだわりすぎるのは要注意

私がマイルやポイントを貯める理由は旅費の節約のためです。

予算はあまりないけれど、旅がしたい。

そんな理由からマイルを貯め始めました。

繁忙期に特典旅行、ましてやビジネスクラスでとなりますと非常にお得です。

しかし、マイルでの特典旅行にこだわってしまいますと、空席探しに時間をかけすぎたり、発券後に空席が出て後悔することも。

そもそも、メジャーではない国や街が目的地であれば、全行程を特典でつなぐのは不可能です。

今年は未訪問の街や国へ行きたいと考えていますので、アワード利用が難しいようであれば、航空券を購入。

フライトでマイルを貯めて、次回の旅ではマイルを使って節約を。という風に切り替えることも考えています。

こんなマイル旅行が理想

以前の記事でも触れましたが、私は航空会社によってマイルの使い方を分けています。

ANAの場合は、長距離線のビジネスクラスで利用するのが理想的。特典ならではのルートで複数の都市を経由して旅ができるのは、長期休暇時のお楽しみです。

では、近場のアジア、国内は?

リピート旅の場合はとことん節約したいと考えています。

LCC(格安航空会社)の情報に疎く、賢く利用することができないため、どうしてもマイルに頼りがち。

航空券はマイレージ、ホテルはホテルポイントを利用、総費用は食費とお土産代金だけ!そんな旅ができるといいですね。

まとめ

航空券のセール情報に注目していることは事実なのですが、マイルを使った特典旅行も忘れてはいませんよ。という意味も込めまして、今回の記事となりました。

今年の宿泊記の第一弾は、SPGのアワード利用記事となる予定。

IHGのポイントも、宿泊特典として某都市で使おうと計画しています。

旅の機会を増やしたいのであれば、手持ちのカードを次々使って節約しなくてはなりません。

マイルやポイントは貯めこんでいると、制度改正となった場合のショックが大きいので、今年もどんどん活用していきたいと思います。

 - 旅の計画・戦略・考え方

PC

PC

  関連記事

海外旅行記だけでなく、過程や思考、検証記事も重視したい

当ブログは海外旅行記が中心のトラベルブログ。 カテゴリーには訪問時期別に各都市の …

夏のヨーロッパ航空券と旅行先選び ANAに振り替えで結果オーライ?

今年3度目(2017.7)となるヨーロッパ旅行は夏の観光シーズン真っ只中。 日本 …

貯めるマイルと使うマイル 目的によって使い分ける方法

マイレージは貯めることが目的ではなく、使うためにあります。 使いたい時に使えなけ …

遅延・欠航により他のアライアンスの航空会社に振り替えられた場合、マイレージ加算はどうなるのか

空の旅は、事前に予約してある航空会社、飛行ルートで旅ができるのが理想的。 しかし …

バンコクとホーチミンどちらが良い?女ひとり旅を考える

バンコクとホーチミン。 どちらも日本から直行便があり、航空券の値段も比較的安いた …

Translate »