旅好き個人事業主のtravel tips

*

香港に早朝到着 マカオでも使えるSIMカードを日本で事前に購入

   

2017年最初の旅は、1泊3日で弾丸香港。

香港ではいつも空港到着時にSIMカードを購入していたのですが、今回利用するのはANAの深夜便(NH821)で、早朝5時に香港着となります。

空港のホームページを確認したところ、SIMを販売している「1010」や「China Mobile」の営業時間は7:00~23:00。

公式サイト:Airport Services / Facilities Public Phones and Local SIM Cards

ということで、今回は日本で事前に購入しておくことにしました。

スポンサーリンク

香港&マカオ 7日間1GBのSIMカードをAmazonで購入

 

1泊3日ということで、7日間1GBの中国聯通香港(China unicom)のSIMカードを購入。

お値段は1,000円+送料。

パッケージにはHK$68と記載されていますから、1HK$=約15円で約1,020円。

ほぼ同額です。

1GBでは不安という方は、ピンクのパッケージの2GBで。

SIMのサイズはnano、micro、normalに対応。

私はiPhone6sで使用しますので、一番小さなnanoサイズに切り取ります。

カードの有効期限は裏側に記載。2017年12月31日まで有効のものでした。

パッケージの説明書き。

モバイルネットワーク設定

1.APNの「名前」と「APN」を「3gnet」に設定。

ユーザー名、パスワードは空欄

2.「データ通信」「データローミング」をONにする

と記載されていました。

SIMを差し替えただけで設定不要、使用可能に

アクティベイト後7日間有効のデータ定額SIMということで、SMSでプランを設定という複雑な操作は必要ありません。

私はスマホを使いこなせていないため、こういう作業が好きではなかったのですが、ネットワーク設定程度であれば不器用な私でもなんとかなるでしょう。

香港に着陸、携帯の使用が可能になった時点でSIMを差し替えてみたところ

直ぐに電波をつかみ、SMSが届きました。

キャリアはUNICOM(3HK)。

モバイルネットワーク設定も、データローミングも変更することなく、ただSIMを差し替えただけです。

テザリング/インターネット共有も可能でした。

ただし、7日以内にデータ量が1GBを超えた場合、通信速度が低下し、テザリングが利用できなくなるようです。

まとめ

私が使用したスマホはsimフリーのiPhone6sです。

滞在中はgoogle mapやメール、ネットのチェックで使用。ストレスなく使うことができました。

こんなに便利かつ、1GB=1,000円程度で購入できるのであれば、時間の節約のため、次回も事前に購入しておこうと思います。

*マカオでも使用可能なようですが、私が利用したのは香港内のみです。

 - トラベルグッズ・旅行グッズ

PC

PC

  関連記事

外出・旅のお供に!AnkerAstro E1 5200mAh モバイルバッテリーを購入

外出先でスマホのバッテリーがなくなったら困りますよね。 海外旅行の際は特に注意し …

廃盤RIMOWAnotebookの修理記事を書こうとしたら、ルフトハンザモデルが発売再開になっていた

前回の記事では、ドイツで購入したRIMOWAの修理のため、銀座のストアへ足を運ん …

ドイツでRIMOWAを購入するとどれくらい安い?価格、免税額は?

ドイツ経由で帰国する場合、お土産、自分へのご褒美としてRIMOWA(リモワ)を購 …

タイのSIMカードをネットで購入 設定不要で問題なく利用できました

前回、香港のSIMカードを日本で事前に購入しておいたのですが、これが非常に便利で …

空港のバゲージラッピングサービスとスーツケースカバー

海外旅行の際は、受託手荷物として大型のスーツケースやバッグを預ける方も多いかと思 …

Translate »