旅好き個人事業主のtravel tips

*

チェンマイ市内もドイステープも空港も!UBERで市内移動が快適便利になっていた!

   

今回のチェンマイ旅行は、UBERが利用できるようになったことで、市内交通が格段に便利になりました。

お恥ずかしい話ですが、事前に調べておらず、ホテルに到着し、何気なくアプリを立ち上げたところ、周辺に車がたくさん表示されてビックリ!

いつの間にかチェンマイでも利用できるようになっていたのですね。

当初は観光のため車をチャーター予定でしたが、もちろんUBERに変更!ドイステープも市内観光も全てアプリ配車でスムーズな旅となりました。

ということで、海外8都市目となるUBER体験記です。

スポンサーリンク

他都市とは違う!チェンマイでUBERがいかに便利か

過去7都市でUBERを利用してきましたが、個人的に非常に快適だと感じたのは高雄とメルボルン。

しかし、どの街でも地下鉄やタクシーなど他の交通機関の選択肢があり、UBERでなくても構いません。

一方のチェンマイ。

チェンマイは欧米人観光客にも人気の観光地なのですが、個人旅行の際に困るのが現地の交通手段。

地方都市なので、地下鉄やトラムなんてありませんし、流しのタクシーが見つからないのです。

のんびりとした田舎だからこそ、レンタサイクルやレンタバイクで周るという手段や、旅慣れた方であればローカルバスを利用するなど方法はありますが、短期で訪れる一般の(バックパッカーではない)個人旅行者にとって、タクシーが利用できないのは困ります。

ローカルな移動手段として前回利用したソンテウは、思い出として1度は経験しておきたいものですが、観光の「足」として毎回毎回利用するのは面倒です。

今回は観光メインと考えていましたので、ホテルで車をチャーターすることを考えていました。

ところが、UBERが利用できると知り、計画変更したことは言うまでもありません。

UBERチェンマイの料金体系

チェンマイの料金体系(2017.3)はご覧の通り。

最低料金は20バーツ(約66円)から。

*1B=約3.3円(2017.2)

例えばナイトバザールからニマンヘミンのMAYAまでは68~85(約224円~281円)バーツとなります。

混雑状況やドライバーさんのルートによっても若干の差はあるかと思いますが、実際私がこの区間を利用したところ68バーツでした。

ナイトバザールからお堀の中の旧市街、旧市街内をちょこっと利用する程度でしたら40バーツ(約132円)です。

暑いチェンマイ。このくらいの値段でエアコンの効いた車で移動できるのであれば、気軽に利用できますよね。

ドイステープー市内間は安心の定額料金

チェンマイの観光のメインと言えば、ドイステープ。

マウンテンバイクで向かう欧米人を数名見かけましたが、日本人の個人旅行者であれば車をチャーターするのが一般的かと思います。

私たちはアプリからUBERを手配。

市内ードイステープは定額料金となっており、片道350バーツ(約1,155円)です。

尚、空港ー市内ホテル間も定額料金の150バーツ。

往路はUBERでドイステープまでやってきましたが、帰りの心配は?

万が一配車できなくても、ソンテウが多数待機していますので、帰れなくなる心配はございません。

観光を終え、アプリを立ち上げたところ

4台くらいは山で待機していました。

ドライバーさんにとっても、往路で利用した乗客は復路も利用するとわかっているでしょうし、片道350バーツ、往復で700バーツ=2,310円。

どの程度の手数料を取られるのかはわかりませんが、待機して往復分を稼いだ方が賢明です。

ということで、すんなりと手配完了。

よく考えられているなーと思うのが、待機場所。

通常はマップで位置を指定しますが、空港や大きな駅では乗車場所を選択するようになっています。

ドイステープも観光客で大賑わいの場所ですから、指定するシステムとなっていました。

というわけで、少し移動。

左側の階段を上るとATMがあります。

ここで待っていてくださいということでしょう。

まとめ

他の都市と異なり、チェンマイでUBERが利用できるようになったことは、観光客にとって大きなメリットです。

この結果、ソンテウやトゥクトゥクなど交渉制の移動手段が衰退していく可能性がございますが、これも時代の流れでしょうか。

ドライバーさんが英語が話せるとは限りませんので、目的地を予め設定できるUBERは言葉の心配がなく便利です。

また、キャッシュレスのため料金トラブルで揉めることもありません。

しかしながら、UBER利用には賛否両論があるのは事実。

私自身、今回で海外8都市目の利用となりますが、一人で利用したのはホーチミンのみ。その他7都市は全て主人と同乗しています。

女性一人や、ご高齢の方お一人で利用される場合は、利用する都市や時間帯を検討した方が良いかと思います。

どんなに便利であったとしても、個人的にはインドで使う勇気はありません。(その前に、インドひとり旅の勇気がございませんが)

 - 2017.2 チェンマイ

PC

PC

  関連記事

チェンマイからバンコクへ タイ国際航空TG105便エコノミークラス搭乗記

タイ国際航空TG105便の搭乗記です。  チェックイン ホテルでゆっくりと朝食を …

タイ国際航空で羽田からバンコクへ TG683便搭乗記(HND-BKK)

前回ひとり旅をした際に、また訪れたいと再訪を決めていた街。 久しぶりのタイ旅行は …

チェンマイ ナイトマーケット近くのマッサージ店2軒

チェンマイのナイトマーケット近くにあるローカルマッサージ店2軒のレポートです。 …

バンコクスワンナプーム国際空港の日本食レストランとTG660便搭乗記

タイ国際航空TG660便、エコノミークラスのフライトレビューと、バンコクスワンナ …

チェンマイでディナー 雰囲気の良い人気のレストラン~格安フードコートまで

チェンマイのカフェごはん・ランチ記事の次は、ディナーに選んだレストランをまとめて …

Translate »