旅好き個人事業主のtravel tips

*

ビジネスクラスにアップグレード!ANAプノンペンー成田搭乗記(NH818 PNH-NRT)

   

ANAのカンボジア線、プノンペン発成田行きNH818便ビジネスクラスのフライトレビューです。

スポンサーリンク

チェックイン

復路、シェムリアップでチェックインはしたものの、カンボジアアンコール航空からANAに乗り継ぐためスターアライアンス便のようにスルーチェックインはできません。

このため、プノンペン空港で一度荷物を引き取り、再度チェックインという流れになります。

チェックイン開始は2時間前くらいかなと、のんびりと食事をしていたところ、3時間前には既にカウンターがオープンしておりご覧のような行列に。

エコノミーで恐縮ですが、こういう時に優先チェックインカウンターを使用できるのはありがたいです。

ビジネスクラス/スターアライアンスゴールド用の列に並んでいたのは3-4組ほど。数分待つと私たちの番になりました。

時間は20:00前。

後は帰国するだけという安心感からか、緊張感なく待っていると

「本日はビジネスクラスにアップグレードさせていただきました。」

という、思わず我に返るフレーズが。

インボラ(Involuntary upgrade)なんて、全く期待していなかったため、二人ともビックリ。

過去を振り返ってみますと、ANA便のインボラは台北、香港、フランクフルトと全てゴールデンウィークorお盆休み期間中。

やはりこの期間は、予約クラスの高いチケットを持つビジネス客やダイヤモンド会員さんが、普段と比べて少ないのかもしれません。

最近は有償での搭乗歴が少なく、貢献できていないSFC会員でも夫婦揃ってアップグレードしていただいたのは嬉しい限り。

単純ですから、こういうことがあると「もっと乗らないと!」という気になりますし、やはりSFCカードは二人とも本会員のままで・・・となってしまうんですよね。

ラウンジ

すっかり気を良くした私たち。

手荷物検査と出国手続きを終え、ラウンジへ。

フライトインフォメーション

航空会社 ANA全日空
便名 NH818
飛行区間 プノンペンー成田(PNH-NRT)
クラス エコノミー(L) →ビジネスクラス
スケジュール 22:50-6:45(翌日)
飛行時間 5時間55分
機材 B787-8
航空券代金 約57,000円
マイレージ加算先 ANA
積算マイル数 828(ベース)+331(ボーナス)=1,158
プレミアムポイント 1,241

 

*航空券代金は、成田ープノンペンーシェムリアップの一人分往復運賃です。

*マイル数は当区間のみの数値、ベースマイルにスーパーフライヤーズ会員のボーナスが加わります。

座席はアップグレードとなりますが、積算マイル数は購入時の予約クラスとなりますので、1,158マイルです。

ボーディング

定刻でボーディングが始まりました。

優先搭乗はダイヤモンド会員さんから。

何名かいらっしゃいましたが、私たちがアップグレードされたくらいですから皆さん当然ビジネスクラスなのでしょう。

座席/シート

座席配列は2-2-2。

この区間は、フルフラット機材ではないようですね。

深夜便となりますし、無料でUPしていただいた立場ですので、窓側、通路側のリクエストなどございません。

主人と離れていても構わないくらいでしたが、横並びで用意してくださったようです。

機内食

深夜便となりますので、到着時の機内食の希望は用紙に書いてCAさんにお渡しします。

私は眠ってしまいましたが、離陸後のアミューズはご覧の通り。

・ガーリック風味のオリーブ

・ドライフルーツと2種のチーズ

・生春巻きスイートチリソース

・タイ風カシューナッツ

和食、朝食ともにきちんとしたメニューがあったのですが、帰国便ですしあまり食欲はないだろうと考えまして、「軽い食事メニュー」から選択させていただきました。

私は「フライドフィッシュとエッグタルタルソースのサンドウィッチ」と「フルーツの盛り合わせ」

主人は「きつねうどん」です。

成田空港ANA到着ラウンジ

フライト時間は約6時間。

無事に成田空港に到着しました。

主人はそのまま帰宅。

10時まで時間をつぶさなければならない私は到着ラウンジへ。

成田空港の国内線チェックインカウンター近くにあるこちらのラウンジ。

地方に住んでいた頃は、国内線に乗り継ぐためによく利用していたのですが今回久しぶりに利用させていただきました。

何故、こちらに立ち寄ったのかと言いますと

10時オープンのRIMOWAの修理センターに行くためです。

羽田空港にはないため、折角の機会だと思い、気になる箇所を見ていただきました。*第二ターミナルとなりますので、バスで移動

まとめ

復路は嬉しいサプライズとなった今回の旅。

通常は搭乗歴が少ないSFC会員では難しいと思うのですが、ゲートやラウンジではなく、チェックイン時に選んでくださっていたということは時期や路線、エコノミー乗客のステータス状況など幸運が重なった結果なのでしょう。

遅延もロストバゲージもなく往復共に快適なフライトとなりました。

 - 2017.4 プノンペン ,

PC

PC

  関連記事

ANA 成田-プノンペン搭乗記(NH817 NRT-PNH)

2017年のゴールデンウィークは、いつか行きたいと思いながら後回しになっていたあ …

プノンペン国際空港のラウンジ~ANAなど各社共有、プライオリティーパスも可能でマッサージもあり

カンボジアの首都、プノンペン国際空港のプラザプレミアムラウンジを利用させていただ …

プノンペン国際空港での乗り継ぎと施設~レストラン、カフェ、手荷物預かりは?

カンボジアの首都、プノンペン国際空港での乗り継ぎレポートです。 今年(2017) …

カンボジア・プノンペン国際空港でSIMカードを購入 1GB=2ドル~と安くてお得!

カンボジアの首都、プノンペン国際空港でSIMカードを購入しましたのでレポートいた …

Translate »