旅好き個人事業主のtravel tips

*

ルメリディアン・アンコール宿泊記(Review:Le Meridien Angkor)

      2017/07/08

Le Méridien Angkor

アンコールワット遺跡巡りの旅のホテルは「ル・メリディアンアンコール」。

5つ星ホテルではございますが、お得な料金で宿泊できるのはカンボジアならでは。

それでは、宿泊レビューと参ります。

スポンサーリンク

ロケーション

Le Méridien Angkor
Vithei Charles de Gaulle,
Khum Svay Dang Kum
TEL:+855 63 963 900
参考: 口コミ (トリップアドバイザー)

 

アクセス

空港からホテルまでは約10km。車で20分ほどです。

空港の到着出口にはバン、タクシー、トゥクトゥク、バイクを手配できる場所があり、市内ホテルまでの料金は固定。

私たちはタクシー(10ドル=約1,150円)を利用しました。*トゥクトゥク9ドル

* 1USD=約115円(2017.4に日本で両替)

ホテルから空港へ向かう際は、ホテルの送迎車を利用。料金15ドル(約1,725円)は部屋付けで精算しました。

外観

ホテルの裏側からの画像でスミマセン。

建物は3階建てで、手入れの行き届いたお庭に囲まれています。

ロビー・レセプション

ロビー

テラス

バーのメニューは日本語併記。

ブティック

客室

当初は返金可能なフレキシブルプランでキングベッドのスーペリアルーム(禁煙)を予約していました。

言わずもがな、最もリーズナブルなお部屋です。

直前になり、再度料金をチェックしてみますと、返金不可の前払い料金プランが非常に安くなっていたため、よほどのことがないとキャンセルはしないだろうと思いプラン変更。

ベッドはキングが満室でシングルベッド2台でしたが、お値段を重視しました。

ところが、チェックインの際にはアップグレードしていただたようで、キングベッドに変更。

プールビューの3階のお部屋となりました。

シーツさえセッティングをすれば、こちらで寝ることも可能ではというゆったりとしたソファー。

ウェルカムフルーツ

デスク周り

エビアンは有料、無料のお水はバスルームと併せて4本/日。

ミニバー

コーラが2.5ドル、タイガービールが4ドル程度。尚、この料金とは別途7%のサービス料、10%のVATが加算されます。

セーフティーボックス、スリッパ

我が家には十分な広さです。

バスルーム

バスタブつき

シャワー

アメニティー

種類が少ないようですが、リストにあるものはリクエストできるようです。

我が家はアメニティーを持参するため、ホテルのもので使用するのは手を洗うための固形石鹸くらいですね。

エコなゲストです。

朝食

朝食付きと素泊まりプランの差が20ドル/日程度でしたので、二人ということもあり朝食付きで予約しました。

レストランは1階。

6:00-10:00

滞在中は庭を眺めながら食事ができるこのエリアでいただいていました。

おかゆや麺類はございましたが、日本食はございませんでした。

チキンカレーなどカレーは日替わりで数種類あり。

2日目の朝食

私のチョイス。

チキンカレーのチキン(左上)だけをいただきます。

食後のフルーツ

主人のチョイス。

朝からチャーハン・・・

3日目の朝食

私のチョイス。

この日は気分を変えてオムレツ。具材はリクエストなのでチーズ&ハムにしました。

グラタンを少しとパウンドケーキ。ドリンクはスムージーで。

主人はこちら。あまり変化はございません。そして早くも

「食べるもんない・・・」

の一言。

朝食ビュッフェには数多くの主菜、副菜が並んでおり、好き嫌いなく何でも食べることができる方であれば、色々とチャレンジできるのです。

ところが、我が家では主人は朝から和食派なので、海外ではどうしてもこういう感想になってしまうんですよね。

中華は好きなので、香港や台湾の朝食ビュッフェであれば満足するのかもしれません。

あくまでも、我が家の問題ですので、何卒ご了承ください。

昨日の私に影響され、カレーをとってきたようなのですが、選択を誤ったようで激辛だったようです・・・。

4日目の朝食

私のプレート。

クロワッサン、パンオショコラ、ワッフル、サラダ、メロン、ポテト。

1プレートで終了。

ヌードルを諦めた主人。

珍しくパンを食べていました。

5日目の朝食

だんだんシンプルになってきました。最終日の私のプレート。

主人もチャーハンの量が随分少なくなってしまいました。

やはり我が家の場合、ホテルを予約する際には朝食ビュッフェは必要ないかもしれません。

ルームサービス

4-5月のシェムリアップは乾季の終わりで気温が最も高くなる時期。

私たちの滞在中は、日中36度くらいありましたので、一度ホテルに戻ってきてしまうと外に出るのが億劫になってしまいます。

また、あまりの暑さで食欲がないということで、ルームサービスをお願いしました。

ナシゴレン、サラダ、フライドポテトで約23ドル(約2,645円)

アイスカフェラテが飲みたくて、こちらもルームサービスで 約4ドル:約460円

クラブサンドイッチは間違いないでしょう。具材もたっぷりで美味しくいただきました。

ついているとは知らず、ポテトも注文。約14ドル(約1,610円)

*ルームサービス料金は、部屋付でチェックアウト時にまとめて精算しています。メニュー料金に加え、サービス料とVATとして17%が加算。表示しているのは、これらを含めたおおよその金額となります。

フィットネス施設・プール

プールは屋外。

雰囲気のある素敵なプールです。

奥にあるのはジムですね。

遺跡巡りをされた方であれば、すぐにお気づきになりますね。

クメール建築の3つの窓の一つ、「連子状窓」を再現したものです。

スパ LE MERIDIEN ANGKOR SPA

ホテルのスパ「LE MERIDIEN ANGKOR SPA」を利用させていただきました。

チェックイン時にSPG会員は20%割引という案内がございましたので、早速メニューをチェック。(当日でも入会可能のようです。)

私はトラディショナルクメールマッサージとフットマッサージの計2時間コース。

主人はGentleman’s Packagesから「Ultimate Release 」という1時間半のメニューを選択しました。

案内されたのはツインのトリートメントルーム。

宿泊ホテルのスパを利用する利点は、メイク用具など余計な荷物を持たず手ぶらで訪問できる点。

贅沢な時間を過ごさせていただきました。

料金は部屋付。二人で約151ドル(約17,365円)。

ホテルのスパにしてはリーズナブルではないでしょうか。

まとめ

ルメリディアン・アンコールは日本人の宿泊客が比較的多いようで、私たちが滞在していた時も朝食時やロビーで複数の日本人を見かけました。

また、ホテルには日本人従業員さんもいらっしゃるようですし、お部屋の案内(セーフティーボックスの使い方や客室清掃の注意事項など)も日本語で書かれたものが用意されています。

このため、言葉や個人旅行に不安のある方であれば、安心できるのではないでしょうか。

私たちがルメリディアンを選んだ理由はSPG系列であり、お値段も手ごろな5つ星ホテルであったため。

今回、復路のフライトがシェムリアップ18:15発でしたのでSPGアメックスカードのゴールド特典で、16時までの無料レイトチェックアウトが可能だったのも助かりました。

バスルームは経年劣化を感じましたが、心配していたお部屋のアリ問題は起こらず(*詳細はルメリディアンチェンマイをご参照)、快適に過ごすことができました。

ただし、広いお庭があり、朝食のレストランから出入りできるため、ここからホテル内に入ってくる虫はいます。

シェムリアップという土地柄、ホテルに限らず街のレストラン、遺跡内では常に虫に悩まされましたので、虫よけスプレーは必需品です。

従業員の皆さんはとても親切で笑顔で接客してくださり、ホテルで手配していただいた専属(?)のトゥクトゥクドライバーさんも非常に感じが良い方でした。

とても印象が良かったので、2日目以降はドライバーさんと直接交渉。(ホテル側も認めているようです)

遺跡巡りだけでなく、街への送迎も全てBさん(トゥクトゥクドライバー)にお願いすることになりました。

街の中心からは少々離れていますが、ホテル内にはプール、ジム、スパの設備が整っていますので、のんびりと過ごすことができる素敵なホテルだと思います。

 - 2017.4 シェムリアップ ,

PC

PC

  関連記事

シェムリアップの家庭的な和食レストランでランチ 「おはな」の絶品チキン南蛮

シェムリアップの旧市街、シェムリアップ川の東側にある和食レストラン「おはな」で美 …

カンボジア・アンコール航空 プノンペンーシェムリアップ搭乗記(K6 117 PNH-REP)

プノンペン発シェムリアップ行き、カンボジアアンコール航空K6 117便のフライト …

シェムリアップのマッサージ店@Chai Angkor

ソフィテルの向かいにあるローカルマッサージ店、「Chai Angkor」の体験レ …

angkor wat travel cost アンコールワット旅費
アンコールワット4泊6日の旅費~ANAで行く、個人旅行で遺跡巡り~

4泊6日、ANA+カンボジア・アンコール航空で行くシェムリアップの旅で使った旅費 …

カンボジア・アンコール航空 シェムリアップープノンペン搭乗記  ATR72(K6 116 REP-PNH)

シェムリアップ空港発プノンペン行き、カンボジア・アンコール航空K6116便のフラ …

Translate »