旅好き個人事業主のtravel tips

*

ANA国際線特典航空券 マイルバックキャンペーンは本当にお得? 今回は見送ります

      2015/10/07

実は安い!?閑散期の日本発着海外航空券

GW,お盆休み、年末年始の日本発国際線航空券は繁忙期のため値段が高騰しますが、お正月明けの1月やGW前後の4月5月は、大変リーズナブルです。

遠方のヨーロッパですら、航空会社にこだわらなければサーチャージ代金込で8万円程度といったものも珍しくありません。

航空会社側も座席が埋まらないためか、特典航空券のマイル減額キャンペーンなどを打ち出しています。

先日発表されたのがANAキャンペーン

スポンサーリンク

家族の旅にマイルバックキャンペーン

17c

ご家族でANAマイルを貯めていらっしゃる方は本会員+家族カードでANAカードを所有されている方が多いと思います。

ご家族分のマイルを合算して使用できるので便利ですよね。


 

【予約・発券期間】2014年12月22日(月)~2015年3月27日(金)【搭乗期間・曜日】2015年1月5日(月)~2015年3月31日(火)のご搭乗、かつ、
日本発 : 火・水・木・金・土曜日
海外発 : 日・月・火・水・木曜日
※予約受付はご出発4日前(出発日を含まない)までとなります。


 

現在、欧州行きの航空券購入を検討していることもあり、上記期間に含まれることから検証してみました。

残念ながら、対象路線は限られており、当然のことながら座席が埋まっていないであろう成田ーパリ、デュッセルドルフ線が対象です。(羽田-フランクフルトなんて、放っておいてもビジネス需要で埋まりますものね。しかも直前に高額運賃で購入してくれる可能性も大。ドル箱路線を開放してはくださいません。)

17b

マイルバック数は片道ですので、往復で15,000マイルバック。

ローシーズン期間中ですと、最終的には30,000マイルでパリorデュッセルドルフへ行くことが可能です。

また、ビジネスクラスは対象外となります。

17a

上記をシミレーションしてみたのですが、1月中はまだサーチャージが高いため、2路線とも往復で約55,000円ほどの負担が生じます(空港施設、税金等含む)。

30,000マイルを使用して、55,000円の出費・・・・

一方、有償ではサーチャージ・税込で約100,000円

有償ですので当然マイルも加算されます。また、改悪とはなったもののSFC会員のため若干のボーナスマイルも。

目的地が、パリでもデュッセルドルフでもないため、以遠は別途自分で確保しなければならないことを考えますと、今回のキャンペーンは見送ることにしました。

行き先によりましては、お得な路線があるかもしれませんので、有償の場合と比較し、お得になる方は是非この機会にご活用ください。(キャンペーンには登録が必要です。)

 - ANA ,

PC

PC

  関連記事

no image
ANAアップグレードポイントはSKYコインに交換 航空券代支払いに充て、節約しました

昨年度に引き続き、ANAのアップグレードポイント→SKYコインキャンペーンが始ま …

IMG_5779
ANAやJALの永久上級会員制度はいつまで続く?資格取得翌年の失敗談

各航空会社のマイレージプログラム(FFP)が制度変更、いわゆる「改悪」のため、フ …

151007a1
ANAが提携航空会社特典航空券の必要マイル数を変更!実は大改善の理由とは?

何気なくANAのホームページをチェックしていたところ、10月1日付で以下のような …

IMG_3256
ANAが成田=クアラルンプール線の新規開設決定

昨年からマレーシア・クアラルンプール、カンボジアへの就航を検討していると発表して …

IMG_3269
ANA ビジネスクラスのアメニティー

2015年のANAの海外就航路線につきましては、先日新規開設としてクアラルンプー …

Translate »