旅好き個人事業主のtravel tips

*

ブリティッシュエアウェイズ(BA)も改悪!駆け込み海外発券の備忘録

      2015/09/08

レガシーキャリアのマイレージ制度改悪の流れにより、ブリティッシュエアウェイズ(BA)も改悪が決定。既に新制度に移行しておりますが、4月27日までに発券完了した航空券については、旧制度の下でのマイレージ・ティアポイントの付与となっておりましたので、先月中旬に駆け込み発券を行いました。

スポンサーリンク

プラハ発券で夏の復路と秋の往路の航空券を購入

ブリティッシュエアウェイズ(BA)のシルバーを目指すべきか?

年に4-5回は欧州へ出かける私。日本発着の閑散期は世界的に見ましても安く、10万円台を切る航空券が簡単に手配可能である一方で、ピーク時の夏から秋にかけては航空券の運賃が高騰します。このため、この時期はマイルを使ったビジネスクラスの特典航空券を使用していました。

今年も当初はマイルを使用する予定だったのですが、ブリティッシュエアウェイズ(BA)の改悪が決定。既にブロンズ資格が確定した私は悩みました。

1526a

ブリティッシュエアウェイズ(BA)も改悪決定

BA改悪ですが、JAL国内線特典航空券に交換であれば引き続きお得

シルバー資格にはあと200ティアポイントが必要です。

旧制度であれば、東京からロンドン経由で欧州へ行きますと、エコノミークラスでも100ティアポイントが貯まります。

現在のティアポイント400にあと100ポイントを加算しておけば、残り100ポイント。これなら改悪後でもJALのクラスJに3回乗れば達成です。幸い帰省先が大阪ですので東京ー伊丹/関西であればそれほどお値段も高くなく、また帰省目的ですので無駄な出費ではありません。

悩んだ結果、4月27日までにBAの駆け込み発券をすることにしました。

ブリティッシュエアウェイズ(BA)の運賃調査

4月中旬の段階で、日本初のブリティッシュエアウェイズ(BA)ヨーロッパ線の運賃総額は約12万円前後。比較的安く設定されていました。

しかし既に今年はBAで2往復しており、3往復目も同じでは飽きてきます。例年はビジネスクラスに乗っていたのにマイルのためとはいえ、往復エコノミーでは辛い。

悩んだ結果、海外発券であるプラハ発羽田行きのチケットを購入することにしました。

欧州へ頻繁に旅行される方にとっては有名な「プラハ発券」。何故有名なのかと言いますと、ずばり航空券が安いから。エコノミークラスもビジネスクラスも他の欧州発着便と比較し、安く設定されています。また、プラハは街並みが素敵な観光地。往復で1泊してプラハを観光できるのであれば、お得なことは間違いありません。

チェコには過去数回訪れていますが、今年早々にプラハを訪れ、空港までのアクセスやホリディインへ宿泊したのは事前調査も兼ねてのことです。ホリデイ イン プラハ エアポート 送迎サービスが便利 空港到着後はフリーコールを利用 

円安が進行しているものの、やはりプラハ発券は安かったです。

夏の復路:PRG-LHR-HND

秋の往路:HND-LHR-PRG

上記をブリティッシュエアウェイズ(BA)便で予約発券しました。

お値段はエコノミークラスで約78,000円です。ちなみに、BAより更に安いのがフィンランド航空、JALやANAもプラハ発券であれば非常に安く設定されています。更に余裕のある方はビジネスクラスがお得。約30万円で欧州系キャリアのチケットが手に入ります。

支払い金額78,000円で17,148マイル獲得(ブロンズ会員)。マイル単価は4.5円/マイルとなります。

このマイルをJALの国内線に交換しますと4,500マイル/1区間ですから、国内線3区間分+αですね。

ヨーロッパを1往復すると、国内線3区間のJAL航空券が無料でいただけることになります。

確かにこれではあまりにも太っ腹でした。残念ながら格安エコノミーでも100%のマイレージが貯まったのは4月27日までに予約発券した方のみとなります。

改悪後のマイレージ加算システム

BA便

15514ba

JAL便

15514a

フィンランド航空

15514fin

カタール航空

15514fqr

この他もほぼ同様です。

エコノミーの格安運賃では25%のマイレージ加算です。ビジネスクラス、ファーストクラスに乗らなければフライトでマイルを貯めるのは難しくなってきました。

JALのクラスJはビジネスクラスに該当するのか?

BAでシルバーを目指す予定の私にとって、重要なのはマイレージよりもティアポイントです。

JALのホームページを見ましても予約クラス(ブッキングクラス)の詳細がなかったため、コールセンターで確認しました。

この結果、国内線クラスJの場合、先得運賃であればブッキングクラスは「L」特便割引の A-はブッキングクラス「J 」  Cはブッキングクラス「C」とのご回答。

つまり、先得で予約してしまいますと、Lのため、BAではエコノミー扱いでティアポイントは10ポイントとなってしまいます。

特便割引であれば、ブッキングクラスがJまたはCですから、先ほどの表を見ますとビジネスクラス扱い。ティアポイントは40ポイントとなるとの解釈でよいのでしょうか。

次回の帰省時にはクラスJの特便割引を予約し、BAに加算申請の予定ですので、その結果はまたこのブログでご報告いたします。

 - British Airways-Executive Club, 2015.7月ウィーン・プラハ・ロンドン , , ,

PC

PC

  関連記事

プラハ空港のホテルは2択?深夜到着/早朝出発なら空港至近が絶対条件!予約変更完了です

夏休みの旅行計画と同時進行で進めなければならないのが、今月のヨーロッパ行き。航空 …

ブリティッシュエアウェイズ(BA)オフピークならロンドンまで19,500マイル~

ブリティッシュエアウェイズ(BA)のマイレージプログラムには、ANAやJALなど …

BAのAviosボーナス フィンエアーなどBA便名のコードシェアも対象 

ブリティッシュエアウェイズ(BA)のエリートステータスを得るといただける、「Av …

ウィーン空港の乗り継ぎは最短30分!本当かどうか実際に計ってみました

ウィーン空港のMCT(最短乗り継ぎ時間 )は 30分となっています。 コンパクト …

BAエグゼクティブクラブは短距離区間で有効活用

ブリティッシュエアウェイズ(BA)のAvios(マイレージ)は、オフピークのBA …

Translate »