旅好き個人事業主のtravel tips

*

各社の「夏休み人気海外旅行ランキング」結局どの国・都市が人気なの?

      2015/12/29

連日の雨でまだまだ肌寒い東京ですが、既に7月。

そろそろ夏休みの計画を立てていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

この時期になりますと、旅行会社などが「今年の旅行先人気ランキング」なるものを発表しますよね。

人気があるから行こうとは思いませんが、多くの方が支持するには理由がある!というわけで、自称「海外旅行好き」の私としましてはやはり気になってついついクリック、チェックしてしまいます。

スポンサーリンク

JTBの夏休みの旅行予約人数ランキング

ランキングは、各社それぞれ何を基準としているかによって変わりますから、ここは大手が発表している数値を見ていくことにしましょう。

JTBが発表しているのはこちら

1578ex3

1578ex4

5月21日時点でのオンラインJTB予約実績を元にしているとのことです。

1位は「ハワイ・ホノルル」となっています。夏休みですからねー。

いや、お正月の方がもっと人気なのでしようか。

「ハワイが好き!」という方は、リピーターさんになって毎年訪れる方が多いですよね。

私は現在のところ海外訪問国数32ヶ国、隔月で海外へ出かけているにもかかわらず、未だかつてハワイへ行ったことがありません。

いや、ハワイどころか「U.S.A.」アメリカに行ったことがないのです。

これほどまでに支持されるハワイになぜ行かないのか、興味がないのかといいますと、

「皆が行くからねー」「日本人ばかりでしょ?」

なんていう、超嫌味で性格が悪い理由では決してありません。

まずは、そもそも

①「海・ビーチ」に興味がないこと

→カナヅチです。美白命です。

②「ヨーロッパの旧市街」「アジアの混沌とした街中・シティ」が好きなこと

→ヨーロッパの旧市街を形容する際、必ずと言っていいほど使われる「おとぎ話のような」「石畳の街並み」「中世にタイムスリップしたかのような」「赤レンガ色の屋根」

はい。これらの街並みを見ること、ただただ当てもなく歩くだけでいいんです。

→アジアのシティ

これはバンコク、ホーチミン、ハノイ、台北、香港・・・etcを指します。

円安傾向に加えインフレもあり、以前ほど「お得」さは減ってしまいましたが、タイは月一で行けるものなら行きたいです。

なんなら、ロングステイもしてみたい。

そもそも、海外旅行が好きな方で、タイが嫌いなんて方は珍しいのではないでしょうか。

③「ビーチ」に興味がないといいながら

ヨーロッパの「ビーチ」なら話が変わってきます。

ドブロブニクやニース、マルタは「旧市街の街並み」+「ビーチ」があるからこそ、旅先として選びました。

④ハワイに行くにはお金がかかる

いやいや、海外旅行ならどこでもそうでしょう?と思われるかもしれませんが、行ったことのない私がイメージするのはハワイ=ショッピング。

ブランドものに興味がない私ですが、ハワイに行ってお買い物をしないなんてなんだかものすごーくもったいない気がします。

結果、普段は節約・断捨離派であまり「物」を購入しないにも関わらず、なんだか旅で気が大きくなり無駄遣いをしてしまいそうなんですよね。

当ブログは海外旅行ネタが多くを占めているため、浪費家のように思われるかもしれませんが、マイルを貯めているのは海外旅行費を節約するためであり、お財布の紐は堅いほうです。

20代、リーマンショック以前からバイ&ホールドのインデックス長期投資を継続しているという一面もあるのですよ。

とまあ、こんな感じで、あれやこれやと理由をつけて、ハワイへ行かない日が続いています。

ただ、最近「アメリカ本土」への興味は出てきましたので、こちらは近い将来「初アメリカ!」となるかもしれません。

Expedia 夏休み人気急上昇ランキング

Expediaは興味深いランキングを発表しています。「人気急上昇」を集めたもの。

1578ex1

驚くことに、1位はベトナムの「ダナン」。

前年比251%だそうです。その理由はまず、ベトナム航空が成田から直行便を就航させたことだとか。

忙しいビジネスマン・ウーマンにとって、直行便があるかないかは重要なポイントですよね。

東南アジアのように弾丸トラベルをするには少々ハードルが上がりますが、ブリュッセルに直行便を出すANAや、ポーランド航空の就航により、ワルシャワへの旅も人気が出てくるのでしょうか。

Expedia 夏休み人気海外旅行ランキング

1578ex2 Expediaが発表している海外旅行ランキングでもハワイが人気1位となっています。

2位のバンコクは納得なのですが、3位がソウルというのがちょっと意外。

ここ数年、メディアでは韓国との問題を取り上げ、韓国へ行く日本人観光客が減っているといわれていますが、JTBでもExpediaでもソウルは第3位にランクイン。

リピーターさんが多いのでしょうか。行かれる方は気にせず旅先として選択しているということなのですね。

特典航空券で行くなら人気のない都市?

どこでもいいから夏休みは「海外」へ行きたい!という方は、上記ランキングの結果を見て、敢えてランク外の国を選ぶと空席があり特典航空券を確保しやすいかもしれません。

昔からそうなのですが、例えばピーク時は中国本土行きの特典航空券が余裕で取れたりしますよね。

普段はビジネス需要があるので難しくても、連休はガラガラ。

中国本土はちょっと・・・と思われる方は、「中国経由」で第3国へ行くルートを作ってみるとよいかもしれません。

 - 旅の情報収集

PC

PC

  関連記事

タイ国際航空でヨーロッパ スケジュールとANAマイル加算表を作り検討する

タイ国際航空(TG)で行くヨーロッパについて、スケジュールの組み立て方と、ANA …

広州旅行の計画ーホテル、見所、観光地は?情報収集の甲斐なく中国行きは却下されました

3度目の正直で中国旅行・広州への旅を計画し、航空券、ホテル、観光地について情報収 …

大人の女性ひとり旅 弾丸旅行でお勧めのアジアの旅行先は?

アエロプランのマイレージ制度が改悪されてしまいますので、貯まっているマイルでアジ …

ビジネスクラスの格安航空券?海外発券するとお得なチケットが購入できるかも

ビジネスクラスの航空券を購入するなんて夢のような話。 だからこそマイルの特典航空 …

ベトナム航空がセールを実施!スーパーディールでデルタのマイルは貯まるのか?

先日、ほぼ無料で貯まっていくデルタのスカイマイルについて、その使い道をどうするべ …

Translate »