旅好き個人事業主のtravel tips

*

ブリティッシュエアウェイズBA 853便 プラハーロンドン エコノミークラス搭乗記 ~PRG-LHR

      2017/09/18

IMG_4966プラハからロンドンへ向かうBA853便のフライトスケジュールは PRG7:00 LHR8:05 となっています。

チェコとイギリスの間には1時間の時差がありますので、フライト時間は約2時間ですね。

前回ベルリン発ロンドン行きのBA便では大幅遅延に加え、ロストバゲージと散々な目に遭遇しましたが、早朝発のフライトでは早起きが辛いというマイナス点があるものの、比較的遅延が少ないように思います。

1番乗りで入室していた共有ラウンジにいた人たちは皆さんこのBA便の搭乗客でした。

スポンサーリンク

エコノミークラス 機材や機内食など

IMG_4968優先搭乗をさせていただいたので、この段階ではまだ乗客はいませんが、この日の機内はほぼ満席に近い状態でした。

1週間前に座席指定をした際のシートマップでは、前方から順に通路側・窓側が埋まっている状態でしたので、ブリティッシュエアウェイズの上級会員(ブロンズ以上)が多く搭乗していたのではと予想されます。

わずか2時間のフライトで数千円の追加料金を支払って座席指定をする人は少ないと思いますので。

関連:ブリティッシュエアウェイズ(BA)の事前座席指定 スマホアプリが便利!

私は1週間前に無料で指定が可能になった時点で、中央の通路側を指定しておきました。

IMG_4967

黒い革張りの3-3配列の座席です。

IMG_4970機材はA320。

約2時間の短いフライトですから、パーソナルモニターなどはありません。

機内ではiPad miniで電子書籍を読んで過ごしました。

IMG_4971安定飛行に入ったところで機内サービスが始まります。

冷たーいサンドイッチとコーヒーです。

基本的に、欧州内路線で提供される機内食にはほとんど手をつけません。

ブログを始める前はサービスを断っていたのですが、最近は記事のネタにしようといただいています。

画像を撮ったら口をつけずに返却。

多少心が痛みますが、どちらにせよ余った分は破棄するでしょうから許してください。

欧州内路線での機内で機内食に手を付けない理由は、

①搭乗前、到着後にラウンジを利用し、そこでゆっくりと食事をするため

②どう見ても、口に合いそうにない食事が提供されるため

です。

ビジネスクラスの際もお断りするので、先日は

「どのような食事でしたらお召し上がりになられますか?」

とCAさんに気を遣わせてしまいました。

ちなみに私はドリンクも基本的にミネラルウォーターでアルコールはお断りするので、ビジネスクラスに乗ってももったいないのかもしれませんね。

 - 2015.7月ウィーン・プラハ・ロンドン , , ,

PC

PC

  関連記事

オーストリア航空で予約完了!座席は評判の良いフルフラットシート

迷いに迷ったユナイテッド航空の特典航空券ですが、ようやく発券完了しました。 オー …

プラハ観光 アールデコ調のインテリアが素敵なカフェ@Cafe Imperial

プラハの旧市街を散策した後は「Cafe Imperial」でカフェタイム。 Ca …

ブリティッシュエアウェイズ(BA)も改悪!駆け込み海外発券の備忘録

レガシーキャリアのマイレージ制度改悪の流れにより、ブリティッシュエアウェイズ(B …

プラハ本駅からエアポートエクスプレスで空港へ ~空港内のお店・スーパー・レストランをチェック

プラハ本駅からエアポートエキスプレスで空港へ向かいます。 前回のリポートはこちら …

ウィーン空港のラウンジ スターアライアンスAustrian Lounge

ウィーン国際空港のオーストリアンラウンジ(スターアライアンス)を利用させていただ …

Translate »