旅好き個人事業主のtravel tips

*

クラクフ観光おすすめルート~ヴァヴェル城からユダヤ地区(カジミエシュ)を散策

   

ポーランドの古都クラクフは、14-16世紀に首都として栄えた美しい街です。

来年(2016年)からは、スターアライアンスに加盟しているポーランド航空の日本就航が決定しており、日本からワルシャワまで直行で行くことができるようになります。

ANAやUAなどスタアラ各社のマイルを利用して、ポーランド航空の特典航空券を予約することももちろん可能になりますね。

欧州行きの選択肢が増えることは嬉しい限り。

中欧諸国へのアクセスがより便利になることは間違いありません。

それでは、クラクフ観光・旅行記の始まりです。

スポンサーリンク

クラクフ旅行記

ヴィスワ川

クラクフの滞在先に選んだのは
シェラトンクラクフ
です。

旧市街の中心地からは少し離れますが、客室からは、ヴィスワ川、  ヴァヴェル城を眺めることができるという絶好のロケーション。

関連:シェラトンクラクフホテル(Sheraton Krakow Hotel)宿泊記 ~クラブルーム、朝食

IMG_5473

ヴィスワ川に停泊していたクルーズ船。

徒歩でヴァヴェル城へ向かいます

朝一で向かったのはヴァヴェル城。

IMG_5475右側に城壁があります。

ヨーロッパのお城というと、山の上に建っているイメージがありますが、クラクフの古城は川のすぐ側にあるのです。

IMG_5479このため、アクセスも簡単。

ご覧のような階段を少し上るともう入り口です。

IMG_5480

こちらのゲートから入ります。

お城の敷地内への入場は無料。

展示室へ入る場合は、有料となります。

IMG_5485大聖堂。

内部は残念ながら撮影禁止でした。

IMG_5494

IMG_5493

IMG_5563

旧王宮

スタラ・シナゴーグ ユダヤ博物館

お城を見学した後は、シナゴーグが点在するカジミエシュ地区へ向かいます。

ここは、映画「シンドラーのリスト」のロケ地として有名だそうです。

1.5km程度の距離ですから歩いて行くことも可能ですが、ここはタクシーで移動。

ヴァヴェル城へタクシーでやってくる観光客が多数いますので、その人たちが降りるのを待ち、交代で乗車。

これなら、短距離でも乗車拒否されることはありませんね。

タクシー運賃は10ズロチ(約330円)でした。

IMG_5575

シナゴーグ前の広場にはドイツ人ツアー客の姿。

IMG_5576お目当てはこちら。

「スタラ・シナゴーグ」です。

は「Old Synagogue」と表記されていることもあります。


IMG_5577

内部はユダヤ博物館になっています。

チケットを購入するため受付へ。

私「大人2名、お願いします。」

女性スタッフ「学生ですか?」

私「いえ、違います。」

女性スタッフ「○○ズロチです」 *8-9ズロチ/人程度だったと思います。

フレンドリーな女性でしたので、支払いを終え、チケットを受け取った後で質問。

私「学生と言うと?」

女性スタッフ「学生か教師であれば、割引になります。」

とニッコリ。

学生ならまだしも、教師という身分を証明できるものを外国人観光客が携帯するでしょうか。

身分証がなくても口頭で済むのではないだろうか・・・

と、思いましたが流石に突っ込んで聞くのはやめておきました。

神聖な場所へ入るのに嘘をついてまで100円程度をケチる人はいないでしょう。

IMG_5578ユダヤ教のシナゴーグに入るのは初体験です。

ちなみに、内部の撮影は可能かどうか、きちんと確認をとりました。

IMG_5580

壁には歴史や展示物が並びます。

IMG_5607

現在もクラクフには300人ほどのユダヤ人が暮らしているそうです。

IMG_5585

オシャレストリートと言われるユゼフ通りを散策

現在、カジミエシュ地区は開発が進み、おしゃれなカフェやプチホテルがオープンしているとのこと。

中でも、ユゼフ通りがお勧めとありましたので、散策してみました。

IMG_5612

プチホテルが並びます。

IMG_5613IMG_5614

IMG_5615

今のところ、レストラン、カフェとプチホテル、ホステルのみ。

ホステルは安く宿泊可能ですから、バックパッカーはこの辺りに宿をとるのも良いですね。

IMG_5617

壁に3匹のネコ発見。

IMG_5618最後の方になってようやくお店が現れました。

アンティークショップが2軒ほど。

商品内容としては、カワイイポーランド雑貨というよりは、貴金属、鉄モノなどいわゆる「アンティーク品」を扱うお店でした。

まとめ

ヴァヴェル城~ユダヤ地区(カジミエシュ地区)までは2km弱。

観光コースとしてはセットで周る計画をすると、効率的に周ることができると思います。

お勧めのユゼフ通りは、ウィンドーショッピングができるようなお店が少なくて少し期待外れ。

ただ、カフェやレストランなど食事目的で訪れるには良いと思います。

現在開発進行中のエリアだそうですので、今後に期待ですね。

 - 2015.8月クラクフ(ポーランド)

PC

PC

  関連記事

IMG_5671
クラクフ・バリツェ空港の共有ラウンジ

クラクフ・バリツェ空港は2015年8月現在新ターミナルを建設中。 全ての到着便は …

IMG_5309
クラクフ空港から市内までのアクセスはタクシーを利用 中央駅までのバスはありますが、鉄道は現在運休中

クラクフ・バリツェ空港へは深夜到着でしたので、初日は ヒルトン ガーデン イン …

IMG_5280
オーストリア航空ビジネスクラス搭乗記 OS599便ウィーンークラクフ(VIE-KRK)運航はエストニアンエアです

クラクフ(ポーランド)へ行くためには、ウィーン経由のルートをとりました。 関連: …

IMG_5633
ポーランドのお土産~ポーランド食器・雑貨・民芸品などカワイイものが揃っています

ポーランドのお土産と言えば、ポーランド食器に民芸品、木工製品ととにかくカワイイ。 …

IMG_5447
ポーランドのSIMカード(PLAY) クラクフ空港ではなく中央駅隣接のデパートで購入

ポーランドのクラクフでSIMカードを購入しましたのでご報告いたします。 これから …

Translate »