旅好き個人事業主のtravel tips

*

広州旅行の計画ーホテル、見所、観光地は?情報収集の甲斐なく中国行きは却下されました

   

3度目の正直で中国旅行・広州への旅を計画し、航空券、ホテル、観光地について情報収集。

主人へのプレゼンに挑みましたが、残念ながらあっけなく却下されてしまいました。

何故「広州」だったのか?

中国本土はビジネス需要はあるものの、他の都市と比較しますと観光地としては人気がありません。

このため、情報も少なめ。

折角集めた情報ですから、旅行は幻となってしまいましたが、ブログ記事としてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

旅の計画~我が家の場合

我が家の場合、海外旅行の計画をするのは私です。

主人は大抵どこでも良いといいますので、私が情報収集を行い、航空券を手配し、ホテルの予約、更には旅の行動プランまで全て練り上げます。

ある程度の情報を集めたところで、主人に提案。

今回は、エアカナダのマイレージが改悪になるということで、アエロプランで最後の旅をすることになりました。

30,000マイル/人を使用したビジネスクラスの旅となり、対象となるのは東アジア~東南アジア(シンガポール、ベトナム、タイ)です。

今回がアエロプランでの最後の発券となりますから、特典航空券でしか行かないような街、まだ訪れたことがない街にしようと計画しました。

関連:海外訪問国数は何ヶ国?世界地図を塗りつぶしてみた

日程に余裕がありませんので、ANA便ビジネスクラス、直行便で行くことができる街が理想。

特典航空券でも空席がすぐに見つかるのはやはりあの国です。

関連:空席がない!国際線特典航空券はいつ予約するのがベストなのか

関連:ANA特典航空券の空席状況 直前発券で週末海外!?TG利用がお得です

ANAのビジネスクラス特典航空券 空席が余裕で見つかるのは中国本土

ANAもJALも直行便を増便・新規就航させている中国本土。

ビジネス需要はありますが、観光目的となりますと、残念ながら人気はありません。

このため、週末や連休時ほど、中国本土への特典航空券は取りやすくなっています。

しかし、時期的にも今は冬。

北京と上海は過去に訪れたことがありますし、寒さが苦手な私はNGです。

では、南の方の都市はどうだろう。

そう思って調べたところ、ANAが広州便を増便したというニュースを思い出しました。

広州旅行を計画ー天候、ホテル、観光地

広州ってどんな街?

広州と言えば、「食は広州にあり」という有名なフレーズくらいしか頭に浮かびません。

立地的にはどの辺りにあるのか調べました。

 

google mapで調べたところ、かなり南の方にあり、香港へのアクセスも良好。

また、年間の平均気温も20度程度、最も寒い1月の平均気温も13度程度だそうです。

wikipediaより

これなら、冬でも旅行に行くことができます。

広州のホテル事情 SPG系の他、高級ホテルが揃っています

天候条件はクリア。

続いてホテル事情を調べてみます。

1512china1すると、SPG系ホテルが揃っていることに気が付きました。

ウェスティン、シェラトン、Wホテルが観光に便利な広州市の中心地にあります。

SPG系以外にも、

フォーシーズンズ ホテル 広州(四季酒店)

リッツカールトン 広州(広州麗嘉酒店)

マンダリン オリエンタル 広州(広州文華東方酒店)

グランドハイアット広州(広州富力君悦大酒店 )

などなど。

ラグジュアリーホテルが集まっているのですね。

さすが、ビジネス需要のある街は違います。

SPG系も中心エリアには上記の3軒ですが、もう少し行動範囲を広げますとリーズナブルなホテルがありますので、SPGホッピングには最適な街?

広州観光 有名観光地、注目のスポットは?

Wホテルは少々価格が上がりますが、ウェスティンとシェラトンは比較的リーズナブル。

これなら2軒をハシゴするのもありだなとホテルはほぼ決定。

続いて観光地を調べます。

一番気になったのは、広州のシンボル

「広州塔」

ではなくこちら。

広州オペラハウス/广州大剧院 」です。

オペラに興味がありましたっけ?

いえいえ、興味があるのは建物です。

googleの画像検索結果をご覧ください。

すごくないですか?このデザイン。

新国立競技場問題で話題になったイラク出身の建築家、ザハ・ハディドが手掛けたとなると、ますます興味が沸いてきました。

また、近未来的なデザインの広州図書館も気になります。

一方で、陳氏書院 (陳家祠 広東民間工芸博物館) などの歴史的な建造物もあり、日本であまり知られていないだけで、観光も楽しめそうな街であることがわかりました。

広州旅行を提案しましたが、却下された理由とは?

・飛行機はANAの羽田発ビジネスクラス直行便

・ホテルはウェスティン&シェラトン

・注目の観光スポットあり

完璧かに思われた広州旅行でしたが、主人に話しておかなければならない事実がありました。

中国ではgoogleサービス、SNSが使用できません 解決方法はVPN

中国旅行の致命的なマイナス点。

中国ではインターネットに接続しても、Google、LINE、Facebook、Twitter全て繋がらないというのです。

Gメールを使用し、旅行時にはgoogle mapが欠かせない私には、不便極まりありません。

これらのサービスを日常的に利用している私にとって、これではネット環境がないのと変わりありません。

この状況を解決するためには、VPNというサービスへ申し込む必要があるとのことです。
セカイVPN
というサービスの詳細を調べてみますと以下のような記載があります。

日本や世界各国に設置したVPNサーバーに接続することで、各国のIPアドレスでインターネットアクセスを可能にするIP共有型のVPNサービスです。

インターネットに接続した状態で(プロバイダー等は問いません)、セカイVPNサーバーに接続することで、接続元のパソコン端末に新しい静的IPアドレスが割り当てられます。
接続後のインターネットアクセスは、全てセカイVPNサーバーを経由して行われます。

中国国内でネット環境にある状況でセカイVPNサーバーと接続すれば、日本からサイトにアクセスしているような状況になるということなんですね。

このサービスは中国だけでなく、外国からhuluなどにアクセスしたい場合や、セキュリティーに不安のあるネット環境(wifi)から安全にアクセスしたい場合に活用できるそうです。



2か月間は無料で体験できるということですので、旅行が決まれば申込みをしようと考えていました。

主人に提案 即却下・・・

ここまで情報を揃え、準備をしたうえで主人に旅行を提案してみましたが

「ないな」

はい。あっけなく却下となりました。

どうやら数年前に行った上海旅行の体験があまりにも強烈で、

「せっかく旅行に行くのに、嫌な思いをする可能性の高い国へは行きたくない」

とのことでした。

旅先で機嫌が悪くなられては旅が台無しになってしまいますし、私も何が起きるか自信がありませんでしたのでここはおとなしく諦めました。

私個人的には、

久しぶりに中国へ行って気持ちが変わるかもしれない。

広州の新しい建築、歴史的な建造物を見てみたい。

という思いがありましたが、またしばらくお預けです。

まとめ

ANAもJALも直行便を出しており、アクセスが便利な広州。

街の中心部にラグジュアリーホテルが揃っており、お値段も他の都市と比較すると割安ではないでしょうか。

観光地もありますので、2泊3日程度の弾丸旅行や、香港旅行+@で訪れることができそうです。

我が家は今回縁がありませんでしたが、今回のエントリーが広州旅行を計画中、ご興味があるかたのご参考になれば幸いです。

関連:JALの羽田ー上海線に大注目!15,000マイルでフルフラットビジネスクラス

 - 旅の情報収集

PC

PC

  関連記事

IMG_6289
羽田空港の国際線 深夜早朝便の活用で週末海外、弾丸旅行!~前編~

週末海外や弾丸海外旅行をするためには、航空会社のフライトスケジュールを確認し、計 …

IMG_7995
バンコクとホーチミンどちらが良い?女ひとり旅を考える

バンコクとホーチミン。 どちらも日本から直行便があり、航空券の値段も比較的安いた …

IMG_5698
日本から直行便が就航しているヨーロッパの都市・空港マップ 飛行時間など航空券選びの参考に

日本からヨーロッパまでは10時間以上の長旅となります。 ビジネスクラスやファース …

151013s1
ビジネスクラスの格安航空券?海外発券するとお得なチケットが購入できるかも

ビジネスクラスの航空券を購入するなんて夢のような話。 だからこそマイルの特典航空 …

16american2
アメリカン航空最大115,000ボーナス!バイマイルキャンペーン実施中

先週改悪となってしまいましたアメリカン航空のマイレージプログラム、AAdvant …

Translate »