旅好き個人事業主のtravel tips

*

台北松山空港でSIMカードを購入 料金プラン・設定など@中華電信

      2016/09/01

NH851便(HND9:20-TSA12:25)は定刻に到着。

並ぶことなくイミグレーションを通過、荷物は機内持ち込みでしたので税関を通過し、あっと間に到着ホールに着きました。

まずはATMでキャッシング。

キャッシュを入手した後で向かったのはこちらです。

スポンサーリンク

台湾のSIMカードを購入 中華電信 4G LTE

IMG_6884

台北松山空港はコンパクトな空港ですので、迷うことはありませんね。

SIMカードを販売しているカウンターもすぐに見つかりました。

お隣はクロネコヤマトです。

カウンターに向かうとスタッフさんに渡されたのがこちら。

IMG_6885呼出し番号があるのですね。

「順番が来るとお呼びしますので、向かいのベンチでお待ちください。」

とのこと。

このシステムであれば、カウンターの前に大勢の観光客が押し寄せることはありませんし、通行客の邪魔にもなりません。

順番を抜かされて到着早々イライラということもないですからね。

スマートな対応が素晴らしいです。

IMG_6883番号札と一緒に渡されたこちらの値段表。

待っている間に購入するSIMを事前にチェックしておきます。

2泊3日ですから、3day pass で300台湾ドル(約1,200円)です。

5日用も同じ値段なのですが、無料通話分が異なるようです。

しばらく待っていますと、順番が来ました。

愛用のSIMフリーiPhone6sをスタッフさんに渡し、設定もお任せすることに。

関連:SIMフリーiPhone6sにdocomo(ドコモ)のSIMカードを挿し、使用可能か動作確認

SIMカードを差し替えていただき、すぐに使用可能となりました。

これで台北でのネット環境確保です。

まとめ

台北松山空港でのSIMカード購入はとてもスムーズでした。

4G/LTE対応で制限なし。5日まででしたら300台湾ドル(約1,200円)となっています。

滞在中は私のSIMフリーiPhone6sのテザリング機能を利用し、主人のiPhone6plus(ドコモ)もネット接続していました。

年に複数回海外旅行される方であれば、SIMフリーのスマホを1台持っておくと便利ですよ。

【追記】

台湾第二の都市、高雄市内の中華電信でSIMカードを購入しました。

空港で購入できない場合、市内の携帯ショップで購入したいという場合に応用できると思います。

 - 2015.12月台北

PC

PC

  関連記事

IMG_7025
杭州小籠湯包(民生東路店)松山空港にも近い人気のお店ー台北旅行記

松山文創園區を散策した後は、本日のディナータイム。 小籠包が食べたい! というわ …

IMG_6999
松山文創園區・誠品生活 台北のオシャレエリアで雑貨・お土産ショッピング

次の目的地は「松山文創園區 /Songshan Culture and Crea …

16uber5
UBER台北体験記 海外4都市目!思い出に残るドライバーさんエピソード

ユニコーン企業と呼ばれ、世界の主要都市でビジネスを拡大中のUBER。 移動手段の …

台北のお土産マンゴージャム
迪化街でお土産購入ー豐味文創果品&大華源豐行

乾物屋さんや竹細工、カゴなどを販売する専門店、問屋さんが建ち並ぶ迪化街。 一方で …

ANAビジネスクラス機内食
NH852便ビジネスクラス搭乗記  台北松山ー羽田(TSA-HND)ANA

台北松山空港から羽田空港へ向かう場合、スターアライアンス特典を利用しますと選択肢 …

Translate »