旅好き個人事業主のtravel tips

*

マイルで台北 DL167便&DL166便ならビジネスクラスはデルタ・ワン

   

現在2015年12月の台北旅行記を更新中ですが、あまりにも楽しかったために、早くも次回の台湾行きを妄想しています。

台湾が好き!

年に何回も行きます!

というリピーターさんの気持ちがわかる気がしますね。

LCCが続々と就航している日本ー台湾。

セールの時期を狙うと、1万円代で航空券を購入できるのだそうです。

しかし私もマイラーの端くれですから、マイルを利用しLCCよりも安く台湾へ行っちゃいますよ。

関連:台北松山空港が絶対便利!約8,000円でANAビジネスクラスの旅

現在保有する各航空会社のマイレージ残高を見ながら、シミュレーション。

検討の価値があるかもと思ったのが次の活用法です。

スポンサーリンク

デルタ航空 フルフラットのビジネスクラスで台北へ

東京ー台北間はスターアライアンスであればANA、エバー航空、ワンワールドであればJAL、キャセイパシフィック航空が運航しています。

また、チャイナエアラインが成田ー台北(桃園)、羽田ー台北(松山)を運航しており選択肢がとにかく豊富。

しかしながら、ビジネス・観光需要ともに好調な台北路線はマイルで特典航空券を予約するのが難しいのです。

敢えて特典航空券のために席を供給しなくても、有償で乗ってくれる顧客がいますから当然ですね。

連休や週末では予約が難しくなりますから、台北線を抑えるためには直前発券がオススメです。

関連:空席がない!国際線特典航空券はいつ予約するのがベストなのか

先日はANAで台北へ行きましたので、次回はワンワールド系またはスカイチームのマイルを使用したいなとシミュレーションしてみました。

その結果、台北行きを検討する際、今までノーマークだったエアラインが急浮上することに。

デルタ航空 DL167便 DL166便 ビジネスクラス

1512delta2

成田ー台北間には、デルタ航空も就航していたのですね。

往路の成田発が18:25分、台北着が21:55と、スケジュールは良くないのですが、そもそもこの路線は台北ー成田ーアメリカを結ぶ路線です。

ということはですね。

1512delta1

はい。ビジネスクラスの座席は、長距離線に使用される機材なんですね。

座席はもちろんフルフラット。

デルタ・ワンと呼ばれているそうです。

最新かつ最上級の搭乗クラスのひとつであるデルタ・ワンは、カスタマイズされ、細部にまで工夫を凝らしたサービスで、充実した空の旅をお届けします。

素晴らしい食事、180 度水平になるフラットベッドシート、プレミアムエンターテイメント、そして優先セキュリティ、プレミアム搭乗、手荷物の優先取り扱いなど、スカイプライオリティのサービスをご堪能ください。また、世界中のデルタ スカイクラブおよび、対象のスカイチームラウンジを無料でご利用いただけます。

参考:DELTA

往路は4時間半、復路は3時間のこのフライトにビジネスクラスは贅沢ですが、デルタの長距離線、ビジネスクラスを体験できるのであればお得な活用法です。

デルタ・スカイマイルで台北旅行 必要マイル数は片道30,000マイル(ビジネスクラス)

何しろデルタ・スカイマイルは無料で貯めることができるマイルです。

また、クレジットカードを持っているだけで上級会員(ゴールドメダリオン)になれるという「デルタ スカイマイル アメリカンエキスプレスゴールドカード 」は、入会ボーナスマイルが大きいことで有名ですね。

関連:無料のFAXアプリを使ってデルタニッポン500マイルキャンペーンを送信

 

1512delta3

上記は往復の必要マイル数と支払い金額ですが、片道だけなら30,000マイルで発券可能。

往路で使用すれば支払い金額は2,610円、復路で使用すれば500台湾ドル(約2,000円)となっています。

KLMオランダ航空やエールフランスなどは、ヨーロッパ→日本行きの片道発券をする場合、サーチャージが徴収されたのですが、デルタの場合はどちらも無料なのですね。

関連:海外発券のデメリット直撃 ! 復路は泣く泣くエコノミーで片道発券しました

飛行時間の長い往路で利用するか、時間帯の良い復路で利用するかは悩むところですね。

片道をデルタ航空のビジネスクラス、片道はブリティシュエアウェイズのマイル10,000マイルでJALまたはCXのエコノミーで・・・、と妄想は膨らみます。

台湾ですとサーチャージの支払いがあったとしましても、負担は少ないですからマイルでお得に旅行することは可能です。

まとめ

2015年はANA、エアカナダのマイルを大量に消費してしまいましたので、スターアライアンス系の残高が寂しくなりました。

2016年は、スカイマイルとブリティシュエアウェイズのマイルを上手に活用できればと考えています。

特典予約が取りやすくなっているエールフランスのビジネスクラスを片道発券することも頭の隅にはありますが、やはりまだ不安ですね。

ほぼ無料でいただいたスカイマイルをどう使うのか、マイラーとして悩むところです。

 - デルタ航空-スカイマイル

PC

PC

  関連記事

IMG_4715
デルタのマイレージは貯めやすい?無料で貯まったマイルの使い方

スカイチームの航空会社を利用して旅に出ているわけではありませんが、毎年延長される …

15612a
無料のFAXアプリを使ってデルタニッポン500マイルキャンペーンを送信

陸マイラーの常識クイズ。 「国内線に乗った後にしなければならないことはなんでしょ …

IMG_6384
思い立ったら海外!で発券完了 デルタの特典検索ページは要注意です

思い立ったら海外へ。 勢いに任せて発券してしまいました。 あれほど悩んでいた日々 …

16delta6
スカイマイルはビジネスクラスで使用するべき?アジア行き特典を考える

前回はデルタのマイレージでヨーロッパ行き特典航空券を発券する方法、欧州発のサーチ …

16delta7
デルタマイル 欧州発のサーチャージ徴収を回避する方法を考える

デルタのスカイマイルを欧州便で使用する場合、エールフランスやKLMを使いますとサ …

Translate »