旅好き個人事業主のtravel tips

*

ゴールデンウィークのヨーロッパ旅行をキャンセルしました 特典ビジネス2名分開放

      2016/08/22

先月下旬に予約したゴールデンウィークの旅行先、エリアは「ヨーロッパ」でした。

2名分ビジネスクラスで95,000マイル×2=190,000マイルを使用し、苦労して確保した航空券なのですが、先日キャンセルいたしました。

昨日の記事の内容は、このためだったのです。

スポンサーリンク

ゴールデンウィークのヨーロッパ旅行をキャンセルした理由

ブリュッセルの事件が後押ししたことは間違いありませんが、そもそも今回の特典航空券は満足のいくルートでの発券ではなく、変更の機会、取り直しのチャンスを狙っていました。

連休明けに空席をチェックしたところ、日程調整はまだ難しそう。

ルートの変更ならば?と検索をかけると好みの経由地に空席が出ているではありませんか!

1か月前ということもあり、先月検索した時よりも随分動きが出ているようです。

来月1日まで発券を待てば、サーチャージが無料/安くなりますし、直前になればなるほど空席状況もめまぐるしく変わる可能性があります。

キャンセルして取り直しをしようか・・・

そんなことを考えていたまさにこのタイミングで起きた事件。

目的地はベルギーでもフランスでもありませんが、ヨーロッパの主要都市。

旅行中は別発券をして域内を移動し、BAの上級会員資格維持に必要な4区間を達成しようと考えていました。

別発券の航空券手配のことを考えますと、変更するのかしないのかそろそろ決断しなければいけない時期。

ブリュッセルの事件だけが原因でキャンセルを決断したわけではないのですが、場所が空港であったことに大きなショックを受けたことは間違いありません。

また、ヨーロッパといいましても、目的地が異なればキャンセルはしていなかったでしょう。

当初、目的地は2パターンを用意していました。

1つは予約をしていたプランA。

この計画にはBA4区間コンプリートという隠れミッションが含まれていました。(伏せたところで1都市確定ですね。)

更に付け加えるのであれば、SPGのデザインホテルプロモーションにもチャレンジしようかと考えていました。

一方のプランBはこちら。

DSC00141

DSC00106

2006.ドゥブロヴニク(ドブロブニク)

クロアチアのドゥブロヴニク(ドブロブニク)までの往復航空券を予約し、陸路でモンテネグロへ向かうというプランです。

どちらをとるか悩んだ結果、旅行+BA4区間を完結できるプランAを選択してしまったのです。

プランBをとっていれば、キャンセルをしなかったかもしれません。

ドゥブロヴニクは再訪したいと思っていましたし、コトルなど、モンテネグロには訪れたい街がいくつかありました。

旅費もプランAより大幅に節約できたのですが、こればかりは仕方ないですね。

ゴールデンウィークの旅行先を変更しました

前回の記事に記載しました通り、特典をキャンセルしたところ5分ほどでマイレージが戻ってまいりました。

このマイルを使用し、新しい予約を完了。

ヨーロッパでなく別のエリアに旅行先を変更しました。

検討していた街に空席が出たためです。

1か月前なのにANAのマイルで予約ができた?

はい。できました。

2名分ビジネスクラスです。

ただしスマートな旅程ではございません。

経由しながらの旅となりますので、サーチャージ・税金も高額です。

あと数日待てば良いのにと思われるのかもしれませんが、皆さんそれを狙っています。

新しい便に空席がでるかもしれませんが、今空席のある便が埋まってしまう可能性も大いにあるのです。

実際、この2,3日空席状況をウォッチしていたのですが、いくつかチェックしていた路線の空席がなくなったり、新たな路線で空席が出たりと日々状況は変化しました。

明日この路線で予約しよう!

などと思ってもダメです。

ルートを作成した段階で、決済の覚悟をしなければ同じものを明日予約できる保証はありませんからね。

経験者は語ります。

はい。当初狙っていた路線がダメになり、予定していなかった街での経由となってしまいました。

こんな機会でもなければ、訪れることはないと思いますのでこれも経験ですかね。

(といいながらも、来月またチェックしてみますが)

まとめ

DSC00023

パリでの事件もまだ記憶に新しい中で起きた今回のテロ事件。

犠牲者の方々とそのご家族に、心からお悔やみ申し上げます。

ゴールデンウィークを控え、ヨーロッパ旅行を計画されていらっしゃる方は、旅行すべきか否か迷っている最中かもしれません。

私の場合は複合的な理由でキャンセルをしましたが、最終的には自分自身あるいはご家族のお気持ち次第ですよね。

旅行したいと思う気持ちが勝るのか、不安や恐怖が勝るのか。

ヨーロッパでなくても危険はつきものですし、テロでなくても旅先で事故に遭うこと、災害に見舞われる可能性はあります。

国内でも100%安全ということはあり得ないわけです。

海外旅行の目的は人それぞれですし、かける情熱も異なります。

警戒レベルは上げられていますが、紛争地帯に行くわけではありません。

目的があり、行きたいという気持ちが勝るのであれば、自分の心がけ次第で防ぐことができるようなことに対しては十分に注意し、旅を楽しむべきだと思います。

海外旅行は「楽しみ」でなくては意味がありませんからね。

参考:外務省 海外安全ホームページ

1日(金)は、今か今かと待ち構えている人たちによる発券ラッシュが予想されます。

キープで抑えている旅程を手放す人も出てくるかと思いますので、今からゴールデンウィークの予約なんて無理だと思っていらっしゃる方も、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 - ANA ,

PC

PC

  関連記事

「両端の都市を合わせて1回のお乗り換え」をモデルルートを作って理解してみた

地上移動区間がある場合は、両端の都市を合わせて1回のお乗り換えと数えます。 引用 …

ANAビジネスクラス機内食
二人で+ANA1,000マイル!しかしながら、私はマイラー失格のようです

本日ふとANAのサイトをチェックしてみたところ、マイレージ残高が若干増えています …

エアインディアもウィーンに就航開始!ANAマイルの欧州特典、選択肢が広がります

エアインディアのプレスリリースによりますと、2016年4月6日より、オーストリア …

ANAスーパーフライヤーズカード
ANASKY コインで購入した国際線航空券の払い戻しが可能に!SFC修行中の方にも朗報!?

昨今のマイレージ制度の変更は、「改悪」の場合が多いのですが、今回は「改善」です。 …

ANA ビジネスクラスのアメニティー

2015年のANAの海外就航路線につきましては、先日新規開設としてクアラルンプー …

Translate »