高雄から旗山へ日帰り観光 レトロな老街散策&バナナケーキをお土産に

2016-09-302016.8月高雄台湾

高雄左営駅前のバス停からローカルバスに揺られること約40分。

老街と呼ばれる古い台湾の古い街並みが残る、旗山(きざん・Cishan/チーシャン)へ出かけました。

スポンサーリンク

ロケーション/場所

旗山のバスターミナルです。

街並み散策はここからスタートします。

アクセス/行き方

16kaohsiung174

高雄市内から旗山区までのアクセスにつきましては、以前にまとめました。

左営駅バス停の4番乗り場から、10番の高速バスで約40分。

運賃は片道60TWD(約192円)。

*1TWD =約3.2円(2016.8)

悠遊カード (easy card)で支払うことができます。

16kaohsiung180

私たちを含め、乗客の8割程度が旗山で下車しましたが、そのまま乗り続ければ終点の美濃に到着です。

旗山ー美濃は10番バスの場合は約20分。

この他、各停のローカルバスも出ているようです。

街並み散策

16kaohsiung183

それでは早速観光開始。

バスターミナルの前にはタクシーが待機していましたが、徒歩でぶらぶらしてみましょう。

16kaohsiung184

しばらく歩くと、民家の軒先にこんなものを発見。

一つ一つ綺麗にラップに包まれているのは「バナナ」です。

旗山はバナナの産地なのだそうです。

16kaohsiung185

5分ほど歩くと、撮影スポットに到着。

16kaohsiung186

旗山車站/旗山駅

1978年に廃線となり、83年にはレールも撤去されたようですが、当時はベルギー製の蒸気機関車が走っていたのだとか。

鉄道会社を運営していたのは台湾鉄道ではなく、台湾の製糖業者各社が敷設した「台湾糖業鉄道」。

旅客としてはもちろん、サトウキビ・バナナの輸送にも重要な役割を果たし、台湾を縦横に走っていたようです。

参考:旗尾線を走っていたベルギー製蒸気機関車353が再び旗山駅に台湾糖業鉄道の輝かしい歴史を物語る機関車が糖鉄故事館に展示される

16kaohsiung187

現在は旗山駅糖鉄故事館として営業。

台湾の歴史建築百選ベスト16に選ばれた、かわいい駅舎です。

10:00-18:00(平日) 10:00-19:00(土日・祝日) 火曜日お休み

ウェディングドレス撮影などにも利用されているようです。

16kaohsiung189

この辺りまで来ますと、ご覧のようなレトロな建物が建ち並ぶようになります。

16kaohsiung188

旗山老街へ

16kaohsiung193

16kaohsiung191

ジューススタンド

16kaohsiung190

巨大バナナが店頭に。

16kaohsiung192

16kaohsiung194

1軒ずつ覗いていくのが楽しいです。

16kaohsiung214

お土産屋さんが両サイドに並びます。こちらのお店に入ってみましょう。

吉美麵包店香蕉蛋糕で旗山のお土産購入

吉美麵包店香蕉蛋糕
842 台湾 高雄市旗山區中山路62號

お客さんで賑わっていましたので、吸い寄せられるように店内へ。

美味しそうなパンが並ぶ中、中央のテーブルに山積みされていたのはこちら。

バナナケーキですね。

16kaohsiung215

16kaohsiung217

一人で箱はいらないな。という場合もご安心を。

カットされた状態の物も販売されています。

1個35TWD(約112円)。3つで100TWD。

*1TWD =約3.2円(2016.8)

16kaohsiung227

バナナの風味が豊かで美味しかったです。

16kaohsiung216

この他、お土産にエッグロールも購入しました。150TWD(約480円)

再び散策開始。

少し歩くと立派な建物が見えてきました。

16kaohsiung213

旗山区農会

農協のようなものでしょうか?

全国で唯一、市定古跡に認定されている農会だそうです。

Huazhong St(華中街)を左折すると、これまた目を引く建物が。

16kaohsiung195

何かと思えば小学校。

旗山小学校

16kaohsiung197

素敵な校舎ですね。

16kaohsiung196

旗山武徳殿

16kaohsiung198

信号を渡ると目の前に見えているのが、鼓山公園です。

この階段・・・・

気温は30度を超えていますが、頑張って上ってみましょう。

16kaohsiung199

16kaohsiung201

まだまだ続きます。

16kaohsiung200

ちょっと登っただけで、息切れが。日頃の運動不足が影響しています。

16kaohsiung202

途中で道路にでてきました。

車で来ることができたのですね・・・。

旗津では楽をしようとして失敗しましたが、こちらはタクシーで来れそうです。

とはいえ、ここまで登ってきたのですからあと少し。

16kaohsiung203

到着です。

旗山孔廟

東南アジア最大とのことですが、だーれもいません。

観光客というよりも人の姿がゼロです。

16kaohsiung206

なんだか雲行きが怪しくなってきました。

空の雲と人の気配ゼロで、ちょっと怖い雰囲気。

16kaohsiung204

16kaohsiung208

本当に観光名所でしょうか?

16kaohsiung207

16kaohsiung209

そもそも公園自体、人の気配がなかったのですが・・・。

16kaohsiung210

旗山の街並み

16kaohsiung211

景色は確かにきれいです。

ただ、静まり返った公園が寂しくなりまして、早々に下山いたしました。

まとめ

高雄市内から日帰り観光可能な旗山。

体力と気分次第で、美濃にも足を延ばすか決めようと思っていましたが、バスターミナルに戻ってくる頃には雨が降りそうな状態に。

高雄行きのバスがすぐに到着したということもあり、美濃行きは中止し、高雄へ戻ることにしました。

旅行期間中の天気予報は毎日雷雨という予想。

案の定、バスに乗り込み数分走ったところで、雨がポツポツ。

観光の間だけでも晴れていたのはかなりラッキーでした。