タイ国際航空(TG) ファースト&ビジネスクラスのサーチャージはエコノミ―の2倍!?

2015-03-30旅の情報収集

原油価格の下落により、航空会社の燃油特別付加運賃(サーチャージ)がお安くなってきました。4月1日以降発券分は更に引き下げられることが決定しています。

スポンサーリンク

4月1日以降発券分のサーチャージ

前回記事(「今年は大型連休も可能!ゴールデンウィークの旅先は?」)にしましたが、我が家の場合まだGWの航空券を確保しておりません。スターアライアンス便のビジネスクラス、特典枠の開放を狙っていることや、いくつか頭に描いているパターンがあるからなのですが、調べていく中でタイ国際航空の設定に驚いてしまいました。

札幌以外 エコノミーなら往復50ドル、ファースト・ビジネスは100ドル!?

15319t1

公式サイトはこちら

3月中であれば、エコノミーが片道70ドル、F&Cが86ドルとそこまで大きく差がないのですが、4月からは50ドルも差が出て来るようです。

ちなみにANAのサーチャージ、現在はこちら。

15319ana1

4月からはご覧のようになり、日本ータイ往復は9,000円となります。エコノミー・ビジネスクラスの差はございませんので、ビジネスクラスを予約する場合はタイ国際航空>ANAとなります。

15319ana2

JALはANAと横並びですが念のため。

15319j1

JALもクラスによる差別はございません。

15319j2

それでは他社はどうでしょうか?

エバー航空です。

15319br

以下は、キャセイパシフィック航空。

15319cx

やはり、クラスによるサーチャージの差はございません。

また、タイ国際航空の場合、サーチャージがドル建てですので、マイレージを使った特典航空券の場合、4月からはANAやJALでバンコクへ行った方がお得になりますね。問題は空席があるかどうかなのですが・・・・。

GW期間中のTG便ですが、大型のA380機材ですと流石に空席がございます。フルフラットですし快適なのですが、この差額を知ってしまいますと、躊躇してしまいますね。

【追記】

2015年12月1日から16年3月31日発券分まで、日本ータイ路線のサーチャージが廃止になります。

関連:タイ国際航空(TG)が日本ータイ路線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)廃止 特典航空券がお得になる!?