香港国際空港のラウンジ スターアライアンス SQ SilverKris Lounge

2017-02-112017.1 香港ラウンジ, 香港

九龍駅で早々にチェックインを済ませていたため、空港到着後はそのまま出国審査へ。

往路同様、e-Channel(フリークエントビジターeチャンネル)を使用しなくても空いていました。

お土産を購入し、向かったのはシンガポール航空のシルバークリスラウンジです。

香港国際空港 シンガポール航空 シルバークリスラウンジ

香港といえば、キャセイパシフィック航空(CX)なのでしょうが、CXを利用したのは過去2度のみ。

毎回スターアライアンス系のラウンジを利用させていただいています。

公式サイト:AIRLINE LOUNGES (HONG KONG AIRPORT)

エバー航空を利用した際は、バージンアトランティックの「The Clubhouse」を利用。

ANAに搭乗する際は、ユナイテッド航空のラウンジを利用していましたが、今回は空港散策中に見つけたシンガポール空港のシルバークリスラウンジに立ち寄りました。

営業時間は6:15-23:30となっています。

23時頃になると、出発便が重なるのか非常に混雑。

私たちは運よく座席を確保できましたが、収容人数があまり多くないため、場合によっては相席ということもありそうです。

シンガポール航空のラウンジといいますと、バーカウンターでドリンクを作っていただくのが定番のようで

Sigapore Sling

珍しくカクテルをいただくことに。

この他、シャンパンやワインなど。メニューがありましたのでお酒がお好きな方には良いですね。

食事はチャーハンやヌードル、点心の他、カレーやサラダなど。

混雑していたため、撮影は自粛しています。

お腹が空いていなかったため、デザートのみ。抹茶プリンとカスタード饅、ごま団子をいただきました。

ごま団子は固くて大失敗。

まとめ

過去何度かユナイテッド航空のラウンジを利用させていただいていたため、今回はシンガポール航空にしてみました。

終始混雑していたため、今から思えば移動すれば良かったかなと。

ラウンジの雰囲気は開放感のあるUAの方が好みでした。

とはいえ、香港はやはりワンワールド、キャセイパシフィック航空で来るのが便利なのでしょうね。