タイ国際航空(TG)の機内食画像~ビジネスクラス・エコノミークラス~

2017-02-21旅の記録TG

タイ国際航空(TG)搭乗時の機内食画像を集めました。

日本とバンコクを結ぶエコノミークラスから、バンコクーヨーロッパ間のビジネスクラスフライトまで。

旅の記憶を画像で振り返ります。

【追記】最新のTG利用は2017年8月のバンコク発成田行きビジネスクラスです。

スポンサーリンク

エコノミークラス

タイ国際航空(TG)のエコノミークラスは、何度か利用しているのですが現在確認できるのは、先日のフライト分のみとなります。

10年以上前になりますが、サーチャージがなかったころは南周りでヨーロッパ、

チューリッヒinロンドンoutも経験しました。

最近になって再度TGで行くヨーロッパを検討したのですが、閑散期には非常に安くなる欧州線エコノミークラス。

バンコクでのストップオーバーが目的でない限り、敢えて遠回りの選択はないでしょうか。

話は戻りまして、先日利用したTGのエコノミークラス。

羽田ーバンコク間は約7時間のフライトとなりますので、2食目の軽食もございました。

また、バンコクーチェンマイ間は、1時間の国内線となりますが、こちらも軽食あり。

アイスクリームは復路(バンコクー羽田間)のサービスとなります。

ビジネスクラス

画像が少ないこちらはフランクフルトーバンコクー関空線ですね。

フランクフルトーバンコク間もバンコクー関空間も深夜便を利用。乗り継ぎのバンコクで半日旅行というスケジュールです。

体力を温存しなくてはいけないため、フランクフルト発の便は睡眠重視。

メインの食事はいただかず、フルーツだけ(左上)にいたしました。

下の画像はバンコクー関空線。

メインは鶏唐揚げのポン酢餡かけです。

こちらはシンプルに羽田ーバンコク間の往復時です。

最初におつまみとして、サテー(焼き鳥)のサービスがありました。

ビジネスクラスを利用させていただく際には、メインの食事よりデザートサービスが嬉しい私。

フルーツ、ケーキ、アイスクリーム。

ハーゲンダッツはグリーンティーをチョイスできたようですね。

こちらは2015年8月、最終目的地はポーランドのクラクフという旅程です。

往路でTGの成田ーバンコク線、復路でバンコクー羽田線を利用しました。

こちらは、バンコクーチェンマイ間の国内線機内食。

先日のフライトはエコノミーですが、この時は贅沢にビジネスクラス。もちろんアワード利用です。

たった1時間の国内線にフルフラットシート。

快適な移動だったことは間違いございません。

最後はこちら。

2016年のバンコク、メルボルン、広州旅行の時のものですね。

TGを利用したのはバンコクーメルボルン往復と、バンコクから広州間。

メルボルン往復はどちらも深夜便を利用したため、メインコースはパスしています。

日付変わって0:15発のフライトですので、大多数の方は睡眠をとると思いますが、機内食メニューにはお肉などきちんとしたメインコースも用意されていました。

【追記】

2017年8月のアジア+ヨーロッパ周遊旅。

最後の区間に、TGの成田線を利用しました。

タイ国際航空 松花堂弁当

いただいたのは松花堂弁当です。

まとめ

以上、タイ国際航空(TG)の機内食を画像で振り返ってみました。

好みの旅先は、美しい街並みが残るヨーロッパの旧市街なのですが、一方でマッサージ目的のタイも好き。

バンコクからはヨーロッパ線の路線が豊富ということもあり、何かとお世話になる機会が多いスワンナプーム国際空港です。

今後、この記事にも新たな画像と文章を追記できることを期待し、今回のエントリーとさせていただきます。