旅好き個人事業主のtravel tips

*

ベルリンの新空港はやはり開港延期 ストライキに冷や冷や!テーゲル空港からロンドンへ

      2017/09/18

ベルリン空港の地上スタッフがストライキを行うというニュースを知り、渡航前から心配をしていた今回の旅。

幸いオスロから到着する際も、ベルリンを出発する際にも影響はなく、無事にスケジュール通りとなりましたが、ストライキ日にベルリン空港を使用する予定だった方は、不運としか言いようがありません。

今年こそついに開港か!?と期待していた新空港も、1月早々に延期が決定。

ということで、しばらくはまだベルリン・テーゲル空港のお世話になるようですね。

スポンサーリンク

ストライキの心配がない航空会社を選んでも、空港職員にストを起こされるとアウトです・・・

ヨーロッパ系の航空会社は、度々ストライキを行います。

影響の大きな長距離線は避ける傾向にあるため、日本ーヨーロッパ間がキャンセルとなることは欧州区間に比べると少ないかとは思いますが、安心の日系を選んだところで、乗り継ぎ便に影響が出ればアウトですよね。

私も現地滞在中にストライキの一報を受け、フランクフルト発のANAに乗るため泣く泣く鉄道移動をしたことがございます。

航空会社のストライキであれば、振替で現地に到着することは可能ですが、地上職員のストライキとなると空港が機能しなくなるため航空会社に関わらずキャンセルとなってしまいます。

実際、3月のベルリン空港のストライキでは1,000近いフライトがキャンセルになったとのこと。

参考:Berlin airport strike sees flights cancelled

ベルリンにはもう一つ、ライアンエアーなど格安航空会社の多くが利用するシェーネフェルト空港があるのですが、残念ながら組合は同じということで、どちらの空港でもキャンセルとなってしまったようです。

オスロからベルリンがキャンセルとなると、オスローコペンハーゲン、あるいはフランクフルトに振り替えられ、そこから鉄道移動をしなければならないのだろうか?などシミュレーションをしていましたが、幸い影響のない日の利用となり一安心。

しかしながら、実際は多くの乗客がキャンセルの影響を受け、鉄道やドレスデン・ライプツィヒからのバス移動でベルリンを目指すことになったようです。

天候理由のキャンセルであれば、安全第一ですから納得できますが、航空会社や職員さんのストライキとなりますと、乗客としては複雑な思いです。

ベルリンの新空港は一体いつ開港するのでしょうか

「多分永遠に開港しないよ。」

なんてジョークを言うタクシーの運転手さんですが、今年もやはり?延期が発表されたようです。

たしか昨年の記事のどこかで、「来年開港予定」と書いていましたが、やはり今年もダメだったようです。

Dr. Karsten Mühlenfeld, CEO of Flughafen Berlin Brandenburg GmbH, reported on 21.1.2017 that Berlin Brandenburg Airport will not be able to go into operation as scheduled this year.

公式サイト:http://www.berlin-airport.de/en/index.php

今回の理由は自動ドアのコントロールシステムとのことで、スプリンクラーの問題もまだ残っているとのこと。

振り返ればチェックインカウンターの不足や、空調設備の不具合、更にはバゲージハンドリングの場所の不足など次から次へと問題が明るみになり、延期に延期を重ねている新空港。

問題を抱えたまま開港するよりは、情報公開し延期する方が良いとは思いますが、当初の設計・計画は一体どうなっていたのだろうかと思ってしまいます。

毎回ベルリンに来る際は、次回は新空港に到着・新空港から出発となるのかなと期待しているのですが、少なくとも今年2017年は引き続きテーゲルのお世話になりそうですね。

チェックイン

前置きが長くてスミマセン。

ここからがようやく搭乗リポートとなります。

今回のフライトは早朝7:05発。

ということで、荷物もありますので迷わずタクシーを使うことにしました。

コンパクト故に空港散策の楽しみはないものの、テーゲルの魅力は市内アクセスが良いということ。

公共交通機関を利用すれば2.8ユーロ(342円)、タクシーでも主要なエリアであればホテルー空港間は25-30ユーロあれば十分ではないでしょうか。

*1Euro=122円(2017.3)

ラウンジ

5時前には到着したものの、チェックインカウンターはまだ無人。

5時20分頃にオープンとなりました。

荷物を預け、ボーディングパスをいただいた後は、ラウンジへ。

今回は一番乗り。

朝食をいただきます。

フライトインフォメーション

航空会社 ブリティッシュエアウェイズ
便名 BA981
飛行区間 ベルリン―ヒースロー(TXL-LHR)
クラス エコノミー(S)
スケジュール 7:05-8:10
飛行時間 2時間5分
機材 A320
航空券代金 約79,000円
マイレージ加算先 BA
積算マイル数 290(ベース)+290(ボーナス)+580(ボーナス)=1,160
ティアポイント 10

 

・航空券代金は、ベルリン発ロンドン経由ソウル仁川行きの往復航空券です。

・積算マイル(Avios)数は、BAシルバー会員時のボーナス290に加え、トリプルアビオスキャンペーンの580が加わっています。

この区間で1,000マイルというのは、うれしいですね。

ボーディング


ブリティッシュエアウェイズやルフトハンザなどはチェックインカウンターの隣にある出入り口から手荷物検査へと進みます。

カウンターのすぐ裏側が、搭乗便の搭乗口。

ラウンジで少し休憩した後、余裕をもってカウンターに戻ってくると10名ほどの列ができていました。

手荷物検査を終えるとすぐに出国審査。

ところが、ベンチにはすでに人影がございません。

どうやら搭乗が始まっていたようですね。

ということで、今回は機内での撮影を自粛。

欧州区間のエコノミークラスですので、機内食は有料です。

まとめ

いつもはなかなか始まらないボーディングですが、早朝便ということもあるのか今回は早々にゲートオープンとなっていたようです。

今回も隣席は空席。

ロンドン・ヒースロー空港へ向かいます。

 - 2017.3 ベルリン , ,

PC

PC

  関連記事

SPGコスモホテルベルリン宿泊記(Review:Cosmo Hotel Berlin Mitte)

ベルリンのスターウッド/デザインホテルズ加盟「コスモホテル」の宿泊レポート(20 …

スカンジナビア航空でオスロからベルリンへ(SK4723) 〜Fast trackも優先タグも機能せず

ノルウェー・オスロ発、ドイツ・ベルリン行きスカンジナビア航空SK4723便のフラ …

ブリティッシュエアウェイズでロンドンからソウルへ!機内食はキムチ付き(BA0017便)

今年のヨーロッパ往復航空券。エコノミークラスであればなるべく安く、かつマイルもそ …

ドイツ 無料のSIMカード入手~使用の感想など@Lycamobile

ドイツでLycamobileのSIMカードを無料でいただき、チャージ後に使用して …