旅好き個人事業主のtravel tips

*

ベルリンからウィーンへ AirBerlin搭乗記(AB8406 TXL-VIE)

      2017/09/18

ドイツ滞在を終え、次の目的地へ移動するためベルリン・テーゲル空港へ。

ワンワールド加盟のエアベルリンを利用し、オーストリアのウィーンを目指します。

【追記】2017年8月25日付でエアベルリンのマイレージプログラムtop bonusは破産申請を行ったとのこと。

運行は継続していますが、トップボーナスへのマイレージの積算や交換は停止中です。(2017.8.26)

スポンサーリンク

チェックイン

フライト出発の2時間半前には空港に到着。

空港のレストランで食事でもして、チェックインカウンターが開くのをのんびり待っていようと思っていたのですが、ターミナルを確認したところCとのこと。

今まで何度も利用したことがあるテーゲル空港ですが、Cを利用するのは初めてです。

徒歩でアクセス可能ではあるものの、少し距離があるようなのでとりあえずターミナル移動をしておきましょう。

ターミナルAとCを結ぶ通路。

こんな場所があったとは知りませんでした。

赤のマークがAirBerlin(AB)のフライト。

ストックホルムやヘルシンキ、ザルツブルグ、コペンハーゲンなど近隣の都市の他、ニューヨークにも路線がございます。

ABの多くはターミナルCを利用するようですが、ミュンヘン、フランクフルト、デュッセルドルフなどドイツ主要都市便はメインターミナルであるAを利用するようですね。(*便名によって異なる可能性がございます。)

天井はご覧のような状態。

テーゲル空港はコンパクトで到着空港としては便利。市内へのアクセスも近くて安いというメリットがございますが、フランクフルトやミュンヘンの空港と比較しますと設備面では明らかに見劣りしてしまいます。

新空港がオープンすればがらりと変わるのでしょうが、まだしばらくはこちらの空港のお世話になりそうですね。

エアベルリンのフライトは、行先に関わらずチェックインカウンターは同じようです。

ビジネスクラス、ワンワールドサファイア以上で利用できるPriority check-inカウンターもございます。

ということで、右手の男性にBAのカードを提示し、こちらから中に入れていただくことに。

優先レーンにいた乗客は1名だったため、すぐにチェックイン。

荷物を預けて身軽になりました。

Cターミナルにも食事をする場所はございますが、レストランはAの方が良いですね。

ラウンジ

Aターミナルにはルフトハンザラウンジやブリティッシュエアウェイズのラウンジがございますが、制限区域外。

先ほどの男性に尋ねると、こちらは保安検査の後にあるとのこと。

検査場にはFast Laneが設けられているようですが、この時間帯は機能していませんでした。

保安検査場を抜けると免税品のショップがございます。

ラウンジはC60-89ゲート付近

フライトインフォメーション

航空会社 AirBerlin
便名 AB8406
飛行区間 ベルリンーウィーン(TXL-VIE)
クラス エコノミー
スケジュール 13:05-14:15
飛行時間 1時間10分
機材 A320
航空券代金 4,500AVIOS(マイル)+3,580円

 

*ブリティッシュエアウェイズのマイレージを利用し、エアベルリンの特典航空券を発券しました。

ボーディング

心配性のため、ぎりぎりまでラウンジでくつろぐということができない人間です。早々に搭乗ゲート付近に戻ってきました。

Cターミナルには制限区域内にも食事をする場所はございますが、ホットミールはソーセージやスープ類といった簡易なものだけのようです。

ここは1階。

扉があるということは、バスor徒歩移動ですね。

隣のゲートを利用する便と時間帯が重なったようで、ボーディング開始が近づくとこの周辺は大混雑。

優先搭乗のアナウンスはあったものの、バス・徒歩移動では意味をなさないですし、すでに大混雑の中、敢えて優先搭乗する必要はないと思い、適当なタイミングで列に加わりました。

徒歩でのボーディング。

座席/シート

座席は3-3の配列。

長距離路線では座席指定が必須で、非常に重要だと思っていますが今回のフライトはわずか1時間。

特典予約時にはwebでの座席指定ができなかったため(ABのサイトで確認はしていません)、当日の流れに任せることにしました。

機内食

欧州区間なので、他のキャリア同様機内サービスは有料です。

カリーブルストは7ユーロ(約910円)

*1Euro=130円(2017.7)

駅や街ナカのスタンドなどでも気軽に購入することができるため、ドイツ滞在中には必ず1度は食べています。(カレーではなく、マスタード&ケチャップのシンプルな方が好みです)

この他、サンドイッチのセットなどもございました。

ドリンクはコーヒー、紅茶が2.5ユーロ(約325円)、ソフトドリンク類が3ユーロ~(約390円)となっています。

まとめ

ドイツの首都ベルリンからオーストリアの首都ウィーンへ。

イミグレーションもなく、わずか1時間のフライトですから国内感覚での移動ですね。

今回初めてとなるエアベルリン。

4,500マイルで行くことができる街が複数ございますので、BA特典を利用する際に便利だと思いました。

さて、ロストバゲージもなく無事にウィーン空港に到着。ここから市内へ・・・ではなく、今回の旅の目的地であるお隣の国へと向かいます。(隠したところで、旅行記カテゴリーに表示されていますね。)

 - 2017.7 ブラチスラバ(スロバキア) , ,

PC

PC

  関連記事

Heathrow airport airline lounges
ヒースロー空港のラウンジまとめ ターミナル2/3/5 スターアライアンスとワンワールド各社

ヒースロー空港ではターミナル3と5のワンワールド系ラウンジを利用していましたが、 …

NH212 ANA LHR-HND ロンドン羽田
ANAロンドン・ヒースロー発羽田行き NH212便搭乗記 (LHR-HND)

ANAのロンドン線。ロンドンヒースロー空港発、羽田空港行き、NH212便のフライ …

ウィーン国際空港ワンワールド・スカイチーム・有料ラウンジ@AIR Lounge

ウィーン国際空港、ターミナル1にあるAIR Loungeを利用いたしました。 航 …

BAストライキのため、カタール航空機材&乗務員による運行でウィーンからロンドンへ

ドイツ、ノルウェー、ラトビアに続き、今回の海外発券地はオーストリアのウィーン。 …

ブラチスラバのホテル選び ウィーンから日帰りにするか否か(SPG・マリオット・CC比較)

過去何度か訪れる機会がありながら、いつも断念していたスロバキア訪問。 今回の旅で …

Translate »