旅好き個人事業主のtravel tips

*

オーストリア航空 フルフラットの座席、美味しい機内食でウィーンからバンコクへ (OS15)

      2017/09/18

オーストリア・ウィーン国際空港からバンコクへ。

OS15便のフライトレビューです。

スポンサーリンク

チェックイン

ウィーンへはリトアニアのヴィリニュス発の飛行機でやってきました。

既にボーディングパスをいただいており、荷物もスルーのためチェックインの必要はなし。

わずか数時間の弾丸ウィーンを満喫後、セキュリティーへと進みます。

セキュリティーの手前にはボーディングパスで通過可能となる自動ゲートがあるのですが、その手前で係員さんに止められてしまいました。

バッグの他、機内持ち込みキャリーケースとトートバッグを持っていた私。

サイズを測るケースにキャリーケースを入れてチェックされた後、持ち込み許可のタグがつけられました。

リモワのキャリーは、機内持ち込み用のサイズに作られているため、このようにチェックされることは稀なのですがウィーン空港は厳しいようですね。

また、エコノミーの場合、欧州区間はキャリー+ハンドバッグの手荷物制限がある場合が多く、ゲート付近でアナウンスされているのを度々耳にします。

荷物が多いのはスマートではございませんが、ロストバゲージ対策のためどうしても大荷物になってしまうのが悩みの種です。

なるべくセキュリティーをスムーズに通過しようと、液体類やパソコンは別途トートに分けていたため、2つも手荷物があると判断されてしまったのかもしれませんね。(*ビジネスの場合は2つ+ハンドバッグは可能)

ラウンジ

手荷物検査と、イミグレーションを終えた後は急いでラウンジへ。

シャワーの必要がなければ、もう少し弾丸ウィーンを楽しめたのですが、深夜便ですから仕方ないです。

ラウンジ記事は、過去のものを書き直しました。

以前はシェンゲン用のものだけでしたので、今回の非シェンゲンの画像を加えています。

フライトインフォメーション

航空会社 オーストリア航空
便名 OS15
飛行区間 ウィーンーバンコク(VIE-BKK)
クラス ビジネス
スケジュール 19:55-10:55
飛行時間 10時間
機材 B777-200
航空券代金 95,000マイル/人+各種税金、手数料

 

*95,000ANAマイル/人を使用し、アジア経由ヨーロッパ行きスターアライアンスビジネスクラス特典で発券しました。

往路の目的地と、復路の出発地が異なるオープンジョーでルートを作っています。

ボーディング

出発ゲートに到着。

ウィーン空港では優先搭乗対象者用に、別途休憩場所を用意してくださっているようです。

赤い制服の係員さんにボーディングパスを見せたところ、奥にあるベンチに通していただきました。

オーストリア航空の上級会員、ビジネスクラス利用者の他、スターアライアンスゴールドマークもございましたので、エコノミー利用でも可能のようですね。

座席/シート

過去何度か利用させていただいているオーストリア航空のビジネスクラス。

こちらは今回の逆ルート。バンコクからウィーンへ向かった時のもの。

残念ながら日本から撤退してしまいましたが、こちらは成田ーウィーン搭乗時の記録です。

長距離線はフルフラットとなるこちらの機材。

お一人の場合は、こちらのシートを選択すれば広々と快適ですね。

機内エンターテイメント

日本線はないにもかかわらず、機内エンターテイメントは日本語対応のものが複数用意されていました。

機内食

到着前の朝食は、事前に希望メニューをチェックし、CAさんに伝えておきます。

1食目が始まりました。

スモークサーモンか子牛のカルパッチョ、トマトスープということで、私はスープ。

主人はカルパッチョをいただきます。

わさびソースで美味しかったとのこと。私もこちらにしておけばよかったと後悔。

メインは二人とも気が合いました。

マナガツオ、サーモン、エビのシーフードリゾットです。

デザートはフルーツの盛り合わせ。

欲張ってチョコレートアイスもいただきます。

オーストリア航空といえば、嬉しいのがコーヒーサービス。

到着前の朝食です。

暗いため、機内食画像が散々な結果になっていますね。

撮影スキルが足らないことを反省しなくてはなりません。

*スターアライアンス各社の機内食画像です。

まとめ

今回の旅のルートは、目的地重視でしたので、航空会社や機材にこだわったわけではございません。

しかし、やはり長時間ルートや深夜便ではフルフラットは嬉しいですね。

熟睡していましたので、あっという間のフライトでした。

外資系エアラインは機内食が口に合わないことも多いのですが、今回のオーストリア航空の食事はどれも美味しくいただきました。

また、担当してくださったCAさんが、笑顔の素敵な女性で親切に接してくださったのも嬉しかったです。

座席、機内食、CAさんの対応3つのポイントから総合的に判断し、今回の旅の中で一番良かったフライトだと思います。

 - 2017.8 バンコク , ,

PC

PC

  関連記事

バンコクのカフェ
バンコクでトランジット!滞在11時間でマッサージ&カフェを満喫

約11時間の乗り継ぎ時間を利用して、バンコク市内を散策してきました。 長いトラン …

バンコクスワンナプーム国際空港
タイ国際航空深夜便 ビジネスクラス搭乗記 バンコクー成田(TG640 BKK-NRT)

今回の旅はタイ国際航空で締めくくり。 TG640便、バンコクー成田のフライトレビ …

Translate »