ウィーンへの旅が便利に!OS成田便再開、TGは新規就航、エバー航空は直行便開始!

2017-09-30Travel Newsマイル

ウィーン ホテルザッハー

昨年運航が休止されたウィーンへの直行便ですが、来年にはオーストリア航空の成田線が運行再開。

タイ国際航空(TG)も11月に新規就航を控えていますし、エバー航空は現在の経由便ではなく、台北ーウィーンの直行便を就航させるとのこと。

ウィーン経由で東欧というのは非常に便利。

スターアライアンス派にとって、路線が増えるということは嬉しいニュースですね。

スポンサーリンク

来春 成田ーウィーン線が復活!

運航スケジュール

OS52 成田ーウィーン:14:00-19:00

OS51 ウィーンー成田: 17:55-12:05(+1)

残念ながら羽田ではなく成田発着となりますが、出発が14:00であれば比較的余裕がありますね。

地方からの乗り継ぎでも間に合うのではないでしょうか。

タイ国際航空がウィーンへ新規就航

バンコクーウィーン間は、オーストリア航空(OS)の直行便があり私も2度利用させていただいているのですが、この路線にタイ国際航空も加わるとのこと。

運航スケジュール

TG936 バンコクーウィーン: 1:30-7:00 (月・木・土・日)

TG937 ウィーンーバンコク: 13:30-5:20+1 (月・木・土・日)

公式サイト:タイ国際航空 new destination VIENNA

デイリー運行ではございませんが、アジアーヨーロッパ間のフライトの魅力はそのスケジュール。

バンコクを深夜出発し、ウィーンに早朝到着ということは、機内泊で1泊分の宿泊費が節約できますし、トランジットを利用してバンコク散策も可能です。

また、現地に早朝着くことで、ウィーン以遠への乗り継ぎにも便利。

ウィーン発のバンコク便も、バンコクに朝到着ですから、こちらもスケジュールを組み立てやすいですね。

タイもヨーロッパも好きという私のような旅行者にとっては、頭に入れておきたいフライトです。

エバー航空 台北ーウィーンの直行便

こちらはまだ発表されたばかりのようですが、エバー航空が来年からウィーンへのノンストップ便を就航させるとのこと。

公式サイト:ウィーン空港プレスニュース

エバー航空のヨーロッパ線は以下の通り。

  • アムステルダム
  • ロンドン
  • パリ
  • ウィーン

ウィーンにも就航しているのですが、これはバンコク経由なのだそうです。

台北からダイレクトにウィーンへ行くことが出来れば、時間の節約にもなりますね。

運航スケジュール

台北ーウィーン:23:30-6:35(+1)

ウィーンー台北:12:25-7:15(+1)

3便/週となるようです。

こちらも台北を深夜出発、ウィーンに早朝到着なので、便利だと思います。

ウィーン経由で周辺国へ

ウィーン空港は街から近いため、乗り継ぎ時間を活用することができます。

先日の旅では、5時間の待ち時間も有効利用できました。

また、ウィーンは地理的にも東欧各地への経由地として非常に便利。

With more Taiwanese tourists traveling to central and eastern Europe in recent years, the airline said, it is also hoping that its new schedule would offer them better access to countries such as Hungary and the Czech Republic.

参考:EVA Air to increase flights to Vienna next March

やはり、台湾でも近年チェコやハンガリーなど東欧各国への旅が人気のようですね。

プラハもブダペストも美しい街ですが、ウィーンから最もアクセスのよいブラチスラバ(スロバキア)もお忘れなく。

まとめ

台北やバンコクからヨーロッパへの増便は、スターアライアンス派にとっては要注目。

特典航空券でルートを作る際に、選択肢が増えることになりますね。

いつの間にやら運航再開となっていた成田発のオーストリア航空も含め、アジアーウィーン間へのアクセスがますます便利になりそうです。