ワルシャワのホテル選び~SPGかCCか~チェーン別ホテルマップ付き!

2017.8 ワルシャワホテル, キャンペーン, SPG, marriott, Club Carlson, ポーランド

ワルシャワ旧市街の展望台

ワルシャワのホテルは早々に決まり、抑えていたのですが、各ホテルチェーンのプロモーションが更新されたため、比較検討することになりました。

主要なホテルが揃っており、物価が安いため宿泊料金も比較的リーズナブルなワルシャワ。

立地などの情報収集から始まり、最終的に決定するまでのプロセスをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

SPG

warsaw oldtown

2年前の夏休みに古都クラクフへは訪れましたが、首都のワルシャワへの旅は初めてです。

初めて訪れる街というのは、0から情報収集をするという楽しみがありますね。

ホテルについては、SPG系列が数軒あることはリサーチ済み。

今回の旅はひとり旅ではないため、第一希望はSPGでした。

2017年現在、ワルシャワのスターウッドホテルは3軒。

ウェスティンワルシャワ

Hotel Bristol Warsaw

シェラトン ワルシャワ

観光目的であれば、最も良い立地はブリストルなのですが、お値段も一番高額です。

ワルシャワで訪れたい場所を調べていると、観光名所や博物館が点在しているため「徒歩」で全てを周るのは難しそう。

Muzeum Czar PRL

uberかタクシーで効率よく周ろうと考えたため、ホテルの「立地」はあまり気にしなくても良さそうです。

ということで、ウェスティンかシェラトンのどちらかにすることに。

ブランドにこだわりがあるわけではございませんので、どちらにするかはお値段次第。

私たちの宿泊予定日ではシェラトンよりもウェスティンの方がリーズナブルでしたので、すんなりと宿泊先が決まりました。

SPGのプロモーション

今年の夏休みの航空券は、早々に発券をしていたため、ホテルについても早くから仮予約(フレキシブルプラン)で抑えていました。

渡航日が近くなり、各ホテルチェーンのプロモーション詳細が明らかに。

SPGでは、2泊以上の滞在で平日2倍、週末3倍ポイントという内容。

連泊のため対象ですが、平日滞在だったため、ポイントは2倍。

また、このタイプのプロモーションは、支払い金額が多い顧客にメリットがある内容ですので、私たちのようにリーズナブルな宿泊先ではそれほど魅力的なものではございません。

今回はレイトチェックアウトの必要がなく、むしろ朝食をいただく時間がないほどアーリーチェックインをしなくてはならない状況でしたので、場合によってはホテル変更もあると考えていました。

Club Carlson

コペルニクス科学センタープラネタリウム

そんな中、発表されたのがクラブカールソンのプロモーション。

こちらは2滞在で金曜日の無料宿泊特典か、10,000ポイントのどちらかを選択できるというものです。

今回のワルシャワ旅行の前に、ベルリンとブラチスラバでそれぞれパークイン、ラディソンブルーに宿泊し、2滞在は決定済み。

続くリトアニアのヴィリニュスでもラディソンブルーに宿泊しようと考えていました。

2滞在ごとのボーナスとなりますので、ワルシャワでもクラブカールソンにすれば、2特典目を獲得となります。

ワルシャワのラディソンブルーの場所はこちら。

なんと、ウェスティンのすぐ近く。

190メートルの距離にありました。

The Westin Warsaw

ラディソンブルーの前の道路からウェスティンを撮影した写真です。

ということで、場所についてはほぼ同じと考えて良い条件。

お値段も同価格帯だったことから、悩みに悩みましたが、最終的にはウェスティンのままで2倍ポイントを選択しました。

ホテルマップ

今回のホテル選びで検討したのはSPGかクラブカールソンかですが、ワルシャワには多数の選択肢がございます。

Marriott RewardsとIHG、ヒルトンの場所についても、まとめて地図にいたしました。

ホリデイインワルシャワ

また、来年にはホリデイインワルシャワシティーセンターが新規オープンとなるようですね。

観光に便利で、周辺の景色を楽しみたい場合は旧市街が良いと思いますが、ショッピングモールがあり、移動に便利なのはワルシャワ中央駅周辺。

マリオットとインターコンチネンタルがございます。

ワルシャワマリオットホテル

マリオット ワルシャワ

インターコンチネンタル ワルシャワ

どのチェーンホテルでも選択できるというのは良いですね。

また、ワルシャワ空港に隣接するのはCourtyard by Marriott Warsaw Airport。

空港ホテルが好きな私にとっては、チェックしておきたいポイントです。

まとめ

ワルシャワでのホテル選びはスロバキアの時のように2転3転はしませんでしたが、滞在時期とホテルのビッグプロモーションが重なると悩みますね。

今回の私の例では、ラディソンブルーに宿泊する方がリターンが大きかったと思います。しかし、最終的にはウェスティンのエグゼクティブルームを利用させていただくことになりました。

レイトチェックアウトが必要ないにもかかわらず、決め手となったのはやはり価格。

成長するアジア圏ではホテル代も高くなっていますが、東欧は比較的リーズナブルに旅を楽しむことが可能です。

今回のウェスティンの宿泊レートは約16,000円/泊。

夏の観光シーズンにこのお値段で宿泊できるというのは、非常にオトクだと思い、最終決定となりました。

その他のホテルチェーンも同様に価格が抑えられていますので、ワルシャワではちょっと贅沢なステイができそうですね。