旅好き個人事業主のtravel tips

*

1泊3日!飛行機・ホテルは特典利用のバンコク弾丸ひとり旅

   

Bangkok Travel report

1泊3日でどれくらい満喫できるのか!?

JAL特典航空券&SPG無料宿泊を利用したひとり旅の記録です。

(*お店の場所は、個別記事で地図を掲載しています。)

スポンサーリンク

羽田発深夜便で機中泊!

羽田空港国際線

飛行機は移動手段。機内サービスを楽しむことを目的としないのであれば、睡眠中に目的地まで送り届けてくれる深夜便は便利です。

羽田発着路線が増え、スケジュールの組み方次第では1泊3日でバンコク旅行も十分可能。

金曜の夜に出発、土曜日現地泊、日曜の夜に出発し、月曜の早朝到着という弾丸トラベルの完成です。

JAL羽田バンコク

タイと言えば、タイ国際航空&ANAのスターアライアンスが便利ですが、今回は特典航空券を利用しJAL便を選択。

ブリティッシュ・エアウェイズのヨーロッパ線でコツコツと貯めたマイルです。

外資系マイルは購入が可能ですし、SPGなどホテルポイントを購入するという方法もございますが、飛行機に乗って貯まったマイルで特典航空券に交換という極めてシンプルな方法で交換しました。

ヨーロッパ旅行のご褒美がバンコク行き航空券なのであれば、満足度も高い。

贅沢を言えば切りがないのでエコノミーでも十分です。

SPG無料宿泊特典でセントレジスバンコクへ

バンコクスワンナプーム国際空港

早朝5時ということで、イミグレーションも楽々通過。

セントレジスバンコク

たった1泊ですからホテル選びは重要。

バンコクと言えば、超高級ラグジュアリーホテルからバックパッカー向けの安宿まで選択肢が豊富です。

今回はバンコクを深夜出発というプランですからレイトチェックアウトが可能なホテルにしたいと思いまして、SPG系を検討。(*ゴールドメンバーは16時までレイトチェックアウト無料)

ひとりなので、アソークのフォーポイントでも十分ではございますが、飛行機が特典なのですからついでにホテルもと思い、セントレジスに決定。

私には贅沢過ぎるホテルであり、無料でなければ宿泊はできません。

プロモーションでいただいたこちらの特典。

リーズナブルなホテルに宿泊し、ラグジュアリーホテルへの無料宿泊特典をGetというなんとも有難いプロモーションでした。

エカマイ

ホテルに荷物を預けた後、エカマイ駅へと移動。

バンコクのバス

駅前の屋台やバンコクのレトロバスなど、住んでいる方にとっては何気ない日常の風景が、私にとっては新鮮です。

海外旅行の目的は街歩き。

ヨーロッパの美しい旧市街に心を奪われる一方で、東南アジアの街並みも捨てがたい。

日本とは異なる景色を体感したい。そんな思いで世界各国へ足を運んでいます。

Light Loft Bar

朝ごはんに立ち寄ったのはこちらのカフェ「Light Loft Bar」。

インテリアショップに併設しているお店のようです。一番乗りでしたので、素敵な店内画像をたくさん撮影させていただきました。

マッサージはAT EASE MASSAGE 39へ

朝カフェの後は、タクシーでプロンポンへ移動。

AT EASE MASSAGE 39

AT EASE MASSAGE 39

日本人御用達の安心マッサージ店「at ease」へ。

3店舗ございますが、今回は Soi Sukhumvit39のお店へお邪魔しました。

ランチはStoryline Cafe

フット&タイ古式マッサージで癒された後は、周辺をブラブラ徒歩で散策。

撮影したくなるような建物を見つけたり

日本人向けの不動産や

トレファクというリサイクル店を発見。

バンコクは駐在されている方も多いので、こういうお店も需要があるのでしょうね。

日本と異なる景色が見たい・・・と言っていたさっきの言葉は何処へ?

それはごもっともではございますが、こういう現地事情を知るのも一つの発見。

あれこれ理由をつけたところで、結局は「バンコクへ行く」それだけで楽しいイベントなんですよね。

さて、そうこうしているうちに、お目当てのお店に到着。

Storyline Cafe

こちらでランチとなりました。

ホテルにチェックイン

ランチ後は一度ホテルへ戻ります。

もう2度とないかもしれないラグジュアリーホテルへのステイですから、こちらも満喫しなくては。

セントレジスバンコクのカフェ

Cat Up Cafe

ホテルのお部屋でまったりした後はBTSに乗りお隣の駅サラディーンへ。タクシー移動でないところが庶民です。

Cat Up Cafe

ここで人生初の猫カフェを体験。

感想は個別ページでまとめた通りなので、ここは省略させていただきます。

Caturday Cat Cafe

複雑な思いのまま後にしたCat Up Cafe。

気を取り直して本命の猫カフェ「Caturday Cat Cafe」へ。

バンコクの猫カフェ

バンコクの猫カフェ

いや~もう、ここで完全にハートを奪われました。

大学で実家を出て以降、自分自身で猫を飼ったことがなく、実家の歴代ニャンコは捨て猫や保護猫などの雑種だったことから、なんとなく抵抗があった猫カフェ。

緊張していたのはほんの一瞬で、カワイイ猫たちを前に今までの葛藤が吹き飛んでしまいました。

海外へ行っても、自撮りすることなんて滅多にないのにもかかわらず、ニャンコとは一緒にはいチーズ。

帰ってきてからも画像を見返してはひとりニマニマ。

こんなに癒されるとは。次回のバンコクひとり旅でも、きっと訪れることでしょう。

ショッピング

猫カフェでホッコリした後は、サイアム駅で降りサイアムパラゴン&サイアムセンターとショッピングセンターをブラブラ散策。

ホテルへと戻りました。

朝カフェ Eden’s

2日目であり、帰国日となります。

ホテルで優雅に朝食を・・・とはいかず、タクシーに乗ってお目当てのカフェへ。

ヴィンテージインテリアに囲まれながら、イングリッシュブレックファーストをいただきました。

King & I Boutique Spa

8月のトランジットバンコク旅で訪れた、King&I Boutique Spaサトーン店がコスパ良好だったので、リピートすることに。

お店の近くにはオシャレなカフェもございます。

個室でのタイ古式マッサージ。2時間コースは700バーツ(約2,380円)とリーズナブル。

1THB=約 3.4円(2017.10)

2日連続のタイマッサージ。

日本では考えられない贅沢です。

その後は、歩いてChong Nonsi駅へ。

Wホテルはここにあるのですね。

ターミナル21とTops market

その後、ホテルへ戻りチェックアウト。

無料宿泊にもかかわらず、長い間お部屋を利用させていただきました。

まだ時間はありますから、荷物を預かっていただきアソークのターミナル21へ。

遅くなってしまったランチを済ませ、地下のスーパーへと移動。

お土産の在庫がなかったので、お隣のTops marketにも立ち寄り、買い物終了。

セントレジスのカフェ

セントレジスバンコクのカフェ

セントレジスバンコクのカフェ

ホテルへ戻り、預けていた荷物を引き取りましょう。

最後は1階のカフェでまったりと。

帰国も深夜便で

心配性なので早めに空港に到着。

バンコクのJALサクララウンジは初体験となります。

JAL BKK-HND ECONOMY

帰りの飛行機では熟睡してしまっていたようで、目覚めたときには前の座席に「お目覚めですか?」のステッカーが貼られていました。

飛行機移動が苦手と言いながら、ぐっすりと眠れるのですから大してデリケートではないのでしょう。

まとめ

以上、1泊3日の弾丸バンコク旅をダイジェスト版で振り返ってみました。

リピート旅のため、観光要素はゼロ。

ひとり旅ならではのゆるーい内容となっています。

飛行機は往復JAL、ホテルはセントレジスではあるものの、どちらも特典なので支払った金額はごくわずか。

気分転換、リフレッシュ旅行としては丁度良い旅となりました。

 - 2017.10 バンコク

PC

PC

  関連記事

バンコクのおしゃれカフェ
バンコクで朝カフェ&ランチ~旧市街のビンテージカフェ、ホテルカフェなど4軒

オシャレカフェが次々にオープンするバンコク。 行きたいお店はたくさんありますが、 …

JALエコノミークラス機内食
JAL羽田ーバンコク深夜便搭乗記 (JL33 HND-BKK)

8月にトランジットで訪れたバンコクですが、今回は一人でふらーっと旅に出ることにし …

バンコクの猫カフェ
バンコクの猫カフェでほっこり〜Caturday Cat CafeとCat Up Cafe

猫が好きだとは言いながら、未だかつて猫カフェに足を運んだことがなかった私。今回の …

JAL BKK-HND ECONOMY
JALバンコクー羽田深夜便搭乗記とスワンナプーム国際空港サクララウンジ(JL34)

バンコクから羽田空港への帰国便も、往路同様深夜便を選択しました。 航空会社はJA …

The St. Regis Bangkok
セントレジスバンコク宿泊記(Review:The St. Regis Bangkok)

今回のバンコクでの滞在先は、The St. Regis Bangkok(セントレ …