Club Carlson 2018年カテゴリー変更 ヨーロッパの対象ホテルを確認

Club CarlsonClub Carlson

club-carlson-2018 Hotel Category Changes

今年(2018)のクラブカールソンホテルカテゴリー変更リストが発表になりました。

対象となるのは124軒で、55軒がカテゴリーアップ、69軒がダウンとなるようです。

今年はポイントを消費しようと検討していたため、個人的に影響があるかどうか確認してみました。

スポンサーリンク

2018年3月1日 カテゴリー変更

変更実施日は3月1日から。

対象となるホテルはこちらでご確認いただけます。

公式サイト:2018 Hotel Category Changes

アジアでは、タイと成田が対象外ということで一安心。

ヨーロッパは、中東、アフリカと一緒になっていましたので、ヨーロッパだけを抽出し、わかりやすいように新カテゴリー別に表を作成しました。

変更のないホテルはリストに入れていませんのでご注意ください。

クラブカールソンの全てのホテルは、以下でご確認可能です。

公式サイト:HOTEL DIRECTORY

New Category 1 : 9,000Points

Property Country Current Category New Category
Park Inn by Radisson, Astrakhan Russia 3 1
Park Inn by Radisson Izmailovo Moscow Russia 2 1
Park Inn by Radisson Novosibirsk Russia 3 1
Park Inn by Radisson Volgograd Russia 3 1
Park Inn by Radisson Ankara Cankaya Turkey 2 1
Park Inn by Radisson Istanbul Ataturk Airport Turkey 3 1

新カテゴリー1ということで、ダウンとなったホテルです。

ホテルの名前だけで判断しますと、


Park Inn by Radisson Istanbul Ataturk Airport
参考:口コミ /料金比較(トリップアドバイザー)

アタチュルク空港ということで、イスタンブールでトランジットの際などに活用できるのかなと思いましたが、空港から7~8キロとのことで、車で約12分。少し離れていますね。

ただ、9,000ポイント=36ドル相当ですから、周辺ホテルが高騰している場合などには確実に36ドル以上の価値になるのかなと思います。

New Category 2: 15,000Points

Property Country Current Category New Category
Park Inn by Radisson Birmingham Walsall UK 1 2
Park Inn by Radisson Harlow UK 1 2
Park Inn by Radisson Kaunas Lithuania 1 2
Park Inn by Radisson Nizhny Tagil Russia 4 2
Park Inn by Radisson Sochi City Centre Russia 4 2
Radisson Blu Conference & Airport Hotel, Istanbul Turkey 3 2
Radisson Blu Hotel, Kayseri Turkey 4 2

カテゴリー2は15,000ポイント。

昨年特典利用させていただいたカウナスのホテルは残念ながら2に上昇するようです。

ラディソン ブルー カンファレンス & エアポート ホテルイスタンブール
口コミ /料金比較(トリップアドバイザー)

カテゴリー1のパークインは空港から少し離れますが、ラディソンブルーであれば隣接。

こちらの方が利用価値が高そうです。

New Category 3: 28,000Points

Property Country Current Category New Category
Park Inn by Radisson Hasselt Belgium 1 3
Park Inn by Radisson Meriton Conference & Spa Hotel Tallinn Estonia 2 3
Park Inn by Radisson Aberdeen UK 6 3
Park Inn by Radisson Northampton UK 4 3
Park Inn by Radisson Peterborough UK 4 3
Park Inn by Radisson Palace, Southend-on-Sea UK 4 3
Park Inn by Radisson Hotel and Spa Zalakaros Hungary 1 3
Radisson Blu Hotel, Klaipeda Lithuania 2 3
Park Inn by Radisson Danube Bratislava Slovakia 1 3
Radisson Blu Hotel, Istanbul Asia Turkey 5 3
Radisson Blu Hotel, Istanbul Atakoy Turkey 5 3

カテゴリー3は28,000ポイント。

個人的に、無料宿泊をするのであれば1-3での利用を検討しています。

予想通りといいますか、リニューアルオープンしたブラチスラバのパークインは1から3にジャンプアップとなってしまうようですね。

Park Inn by Radisson Danube Bratislava

昨年訪れたときはご覧のような状況でした。

ウィーン市内、空港からのバスが発着するバスターミナル(Bratislava Most SNP(Novy most))の目の前という抜群の立地。

観光にも便利で新しいホテルとなるとこの変更は仕方ないですね。

New Category 4: 38,000Points

Property Country Current Category New Category
Park Inn by Radisson Antwerpen Belgium 5 4
Park Inn by Radisson Brussels Midi, Brussels Belgium 5 4
Park Inn by Radisson Leuven Belgium 5 4
Park Inn by Radisson Belfast UK 3 4
Radisson Blu Hotel, Athlone Ireland 3 4
Radisson Blu Hotel & Spa, Sligo Ireland 3 4
Radisson Blu Hotel Lietuva, Vilnius Lithuania 3 4
Radisson Blu Carlton Hotel, Bratislava Slovakia 3 4
Radisson Blu Hotel, Istanbul Pera Turkey 5 4

カテゴリー4は38,000ポイント。

昨年宿泊したヴィリニュス、ブラチスラバのラディソンブルーは4に上昇となります。

ベルギーは3軒のホテルが5から4にダウンとなるようですね。

New Category 6: 50,000Points

Property Country Current Category New Category
Radisson Blu Hotel, Paris-Boulogne France 7 6
Radisson Blu Royal Hotel, Dublin Ireland 7 6
Radisson Blu St. Helen’s Hotel, Dublin Ireland 5 6
Radisson Blu Royal Hotel, Stavanger Norway 7 6
Radisson Blu Paradise Resort & Spa, Sochi Russia 5 6

カテゴリー5はアフリカ・中近東のみでヨーロッパは該当なし。

カテゴリー6は50,000ポイントです。

New Category 7: 70,000Points

Property Country Current Category New Category
Radisson Blu Edwardian Grafton Hotel UK 6 7
Radisson Blu Edwardian Manchester Hotel UK 6 7
Radisson Blu Beach Resort, Milatos Crete UK 6 7
Park Plaza Victoria Amsterdam Netherlands 6 7
Radisson Blu Mountain Resort & Residences, Trysil, Norway Norway 5 7

カテゴリー7は全てアップとなるホテルです。

まとめ

昨年は、年間の旅行計画として、北欧・ベルリン・バルト3国を訪れることが早々に決まっていました。

このため、クラブカールソンのプロモーションを活用しながらホテル計画を練ったわけですが、今年は貯まったポイントを消費することを優先しています。

ヨーロッパ内では東欧は概ね上昇、ロシアやトルコがタウンといったカテゴリー変更になるようですね。

利用先として検討していた数軒のホテルは良い意味でも悪い意味でも対象外だったことから、個人的には影響はございませんが、カテゴリーアップ先での無料宿泊を予定している方は、変更前までに予約完了する必要があるかと思います。