1日でも海外へ!ソウル・台北・香港への弾丸旅行は深夜便フライトを活用

旅の計画・戦略・考え方JAL, ANA

1day trip seoul,taipei,hong kong

1日でも、トランジットの間の数時間でも海外旅行を楽しみたい。

日本各地からLCCが就航している近隣アジア、ソウル・台北・香港であれば、柔軟にスケジュールを組むことが可能です。

特に、深夜・早朝出発の便であれば、弾丸トラベルができるため上手く活用して旅をしたい。

ということで、個人的にも気になる羽田・成田発着のフライトを確認していきたいと思います。

スポンサーリンク

韓国・ソウル

お隣韓国であれば、体力勝負の弾丸トラベルも十分可能。

フライト次第では現地滞在時間を長く確保することができます。

羽田発仁川行き

便名 出発 到着 出発 到着
MM809 HND ICN 1:55 4:35
KE720 HND ICN 2:00 4.45
OZ177 HND ICN 6:10 8:50

参考:スカイスキャナー

大韓航空やアシアナ航空の場合は、往復航空券や、特典航空券を利用してということになりますが、LCCのピーチであれば片道でも購入可能。

深夜便に加えフライト時間はたったの2時間。

疲労は覚悟しなくてはいけませんが、現地着が朝というのはやはり魅力です。

空港が金浦ではなく仁川なので、到着後に地下のスパで休憩ができますね。

ソウル(仁川・金浦)発羽田行き

便名 出発 到着 出発 到着
NH868 GMP HND 20:30 22:30
KE719 ICN HND 20:40 22:50
OZ178 ICN HND 21:25 23:25
MM808 ICN HND 22:45 00:55(+1)

市内でショッピングを楽しんだ後帰国という場合には、金浦ー羽田を結ぶNH868便が便利。

「海外ー仁川 仁川ー日本」というようなスケジュールでソウルは+αのトランジット旅という場合には、荷物は仁川空港に預けていたり、既にチェックインをしていますので、帰国便も仁川から。

デルタにもスカイチームにも縁がない私ですが、プロモーションのおかげで大韓航空の特典航空券を予約できるのは助かります。

国際線でも片道特典航空券が利用可能であれば、往路はLCC、復路はレガシーキャリアなどスケジュールに合わせて発券できるのが良いですね。

台湾・台北

羽田発台北行き

便名 出発 到着 出発 到着
IT217 HND TPE 5:00 8:05
MM859 HND TPE 5:50 8:50
CI223 HND TSA 7:25 10:20
JL97 HND TSA 8:35 11:40
NH851 HND TSA 9:20 12:30

台北の場合、成田発の深夜便は台北にも深夜に到着となってしまいますので、1泊分の宿泊費は必要。

ということで、羽田発の早朝便の方が便利なのかなと思います。

できれば台北松山空港(TSA)を利用したいとは思いますが、9時前に桃園に到着するのであれば、LCCでも十分ですね。

台北発羽田・成田行き

便名 出発 到着 出発 到着
MM858 TPE HND 20:45 0:40
IT216 TPE HND 23:50 4:00
GK12 TPE NRT 2:00 6:05
JW100 TPE NRT 2:00 6:05

復路に関しては、LCCの方がスケジュールは良さそうです。

ピーチ(MM858)は羽田に0:40に到着してしまいますので、遅延があれば帰りの足が心配です。

タイガーエアの4時着か、成田でもよければ深夜2時発の便の方が検討できるかなといったところ。

香港

24 hours in Hong Kong

羽田発香港行き

便名 出発 到着 出発 到着
UO0623 HND HKG 23:55 4:05
NH821 HND HKG 0:55 5:00

香港の場合は、香港エクスプレス航空とANAの深夜便であれば、早朝に到着というスケジュール。

私自身、昨年は2度NH821便のお世話になりました。

飛行時間は約5時間。

機内での睡眠に期待はできませんので、到着後の体力が心配ではあるものの、宿泊費が高い香港で1泊分のホテル代を節約できるというのは大きいです。

香港発羽田・成田行き

便名 出発 到着 出発 到着
UO0624 HKG HND 23:50 4:45
NH822 HKG HND 0:40 5:30
CX524 HKG NRT 1:05 6:15
GK20 HKG NRT 2:00 7:20

参考:スカイスキャナー

香港発の深夜便も、選択肢が複数ございます。

私は往復ANA便を利用しましたが、LCCや片道特典航空券を組み合わせるのであれば香港エクスプレス航空のUO624便、キャセイパシフィック航空のCX524便、ジェットスターのGK20便など。

ジェットスターであれば、空港到着2時間前でも0:00となりますので、気力・体力さえあればギリギリまで観光・グルメ・ショッピングを楽しむことができますね。

まとめ

以上、個人的にもチェックしておきたいソウル・台北・香港線の深夜便フライトをまとめてみました。

海外発券時にも、日本―海外間のフライトとして活用できそうですので、気になる路線はチェックしておこうと思います。