バンコク・ホーチミン・ハノイへ弾丸旅行!深夜便フライトスケジュールを確認

旅の計画・戦略・考え方JAL, ANA

バンコク、ホーチミン深夜便

日本からのフライト時間が短い東アジアであれば、週末海外・弾丸トラベルでも十分可能。

前回は、ソウル・台北・香港への深夜便スケジュールを確認しました。

今回は少し足を延ばしてタイ&ベトナム編。

人気の主要都市であれば、日本からの直行便も多く、選択肢は豊富です。

深夜便を活用すれば、現地到着が早朝ですから1日たっぷりと満喫できますね。

個人的には東アジアより東南アジアの方が好みということもあり、タイ&ベトナム行きの深夜便のフライトスケジュールを確認してみることにしました。

スポンサーリンク

タイ・バンコク

羽田発バンコク・スワンナプーム空港行き

便名 出発 到着 出発 到着
JL033 HND BKK 0:05 5:05
TG661 HND BKK 0:20 5:25
NH849 HND BKK 0:30 5:35

参考:スカイスキャナー

東南アジアで週末&弾丸トラベルのハードルが低い都市と言えば、タイ・バンコク。

スターアライアンス派であればANAかタイ国際航空(TG)、ワンワールド派であればJAL、とにかく安くというバジェットトラベラーであれば格安航空会社(LCC)と直行便の選択肢は豊富です。

とはいえ注目はやはり「深夜便」。

0時出発であれば、日本各地から乗り継ぐこともできますね。

私も往路JAL33便、復路JAL34便を使って1泊3日の弾丸旅行を満喫しました。

ANAの場合はNH849便。

ANAやJALであれば、エコノミークラスでも十分なのですが、特典利用できるのであればビジネスクラスでより快適に移動ができますね。

成田発のフライトは深夜便がなく、最終便でもバンコクに深夜到着してしまうため、スケジュールは割愛。

可能であれば往路は羽田発を利用したいですね。

バンコク発羽田・成田行き

便名 出発 到着 出発 到着
JL034 BKK HND 22:05 5:40
NH850 BKK HND 22:55 6:30
TG682 BKK HND 23:15 6:55
TG640 BKK NRT 22:30 6:15
JL718 BKK NRT 23:25 7:15
TG642 BKK NRT 23:55 7:35
NH808 BKK NRT 0:30 8:25
TR868 DMK NRT 0:45 8:50

復路、バンコク発東京行きの場合は深夜便が豊富です。

JAL、ANA、TG、3社全てで羽田(HND)・成田(NRT)行きを選択可能。

私自身、深夜便を好んで選択する傾向があるため、3社全て利用しています。

*NH808便レビュー

*TG682便レビュー

*TG640便レビュー

また、SCOOTのTR868便はスワンナプームではなくドンムアン空港(DMK)を利用しますが、こちらも深夜便で成田に9時までに到着となります。

最終日のディナーを楽しんだ後に空港へ。ゆったりスケジュールが組めるのが深夜便の良いところ。

日本到着後そのまま仕事へというハードスケジュールも可能です。

ベトナム・ホーチミン

gifts souvenirs HoChiMinhCity,vietnam,ホーチミンのお土産、shop、雑貨屋さん

羽田発ホーチミン行き

便名 出発 到着 出発 到着
JL79 HND SGN 1:30 5:50

深夜便でベトナムホーチミンへと考えた場合はJL79便の1択。

成田からの便は全て当日着となってしまい、午後出発便は深夜到着なので弾丸トラベルには不向きのようです。

ホーチミン発羽田・成田行き

便名 出発 到着 出発 到着
JL70 SGN HND 23:55 6:55
NH832 SGN NRT 23:05 6:45
VN300 SGN NRT 0:30 7:45

復路の場合、直行便のJAL、ANA、ベトナム航空(VN)の深夜便を利用可能。

ただし、羽田便はJALのみとなりますので、ホーチミンへ行く場合はANAよりもJALの方が便利かと思います。

とはいえ、私が過去に利用したのはANA便とベトナム航空便。

次回は是非JALの79便&70便の組み合わせで弾丸トラベルをしてみたいです。

ベトナム・ハノイ

ハノイのカワイイ雑貨屋さんChie Design

東京発ハノイ行き

ハノイの場合、現在深夜便がないようです。

往路は午前中に出発し、お昼過ぎに到着するか、午後出発し深夜到着するかというスケジュール。

1日目は移動となってしまうのが残念です。

ハノイ発成田行き

便名 出発 到着 出発 到着
JL752 HAN NRT 0:25 7:10
VN310 HAN NRT 0:40 7:00

参考:スカイスキャナー

ANAのNH858便は羽田着となりますが、深夜便ではなく15:40-22:15というスケジュール。

最終日は朝ごはんをゆっくり食べて、ホテル周辺を散策というくらいになるでしょうか。

JALとベトナム航空であれば深夜便がございます。

こちらであれば0時過ぎにハノイ・ノイバイ空港(HAN)を出発し、成田には朝の7時ごろに到着となっていますので、最後の日もたっぷりと観光&ショッピングができますね。

まとめ

近くて人気の韓国・台湾・香港ですが、現地の物価は日本とさほど変わらないですし、香港の場合は宿泊代が高くなります。

一方で、物価は上昇傾向にあるもののまだまだオトクに旅ができ、直行便のフライト数も多いのがタイ&ベトナム。

バンコクとホーチミンであれば、1泊3日、0泊2日の弾丸旅行も不可能ではないということで、深夜便のフライトについて確認してみました。