マリオットの無料宿泊特典 カテゴリー5までのアジアのホテルを検討する

Marriott Rewardsmarriott

MegaBonus Free-Night

今年のマリオットリワードのカテゴリー変更日は3月6日。

SPGとのポイント相互移行が可能なため、マリオットでも無料宿泊を利用することができるのですが、スターポイントは航空会社のマイルかSPGホテルで利用しようと考えています。

このため、今回の変更で注意しなくてはならないのは、以前のプロモーションでいただいた特典の活用法。

無料宿泊特典はカテゴリー5までのホテルということなので、どのホテルで利用すべきか検討してみました。

スポンサーリンク

アジア

ルネッサンス・リバーサイド・ホテル・サイゴン

最有力候補だったのが、ベトナム。

前回とりあげたフーコック島の「JW Marriott Phu Quoc Emerald Bay Resort & Spa」は今回の改定でカテゴリー6となってしまうようですね。

ただ、私が検討していたのは、ホーチミンの「ルネッサンス・リバーサイド・ホテル・サイゴン」です。

前回はル・メリディアンに宿泊しましたので、次は違うホテルも良いなと考えていました。

今年は友人がベトナムを希望していたため、特典を利用するにはちょうど良い機会だったのです。

ホーチミン旅行のために数日間あーだこーだとシミュレーションを重ねましたが、残念ながら予算とスケジュールの都合がつかず、泣く泣く断念。

出発空港が異なる場合、弾丸海外は難しいですね。

ということで、今回は国内旅行に変更となりましたので、残念ながらホーチミンの可能性は低くなりました。

バンコク・マリオット・ホテル・スクンビット

次はバンコク。

タイは以下のホテルがカテゴリーアップとなりますが、バンコク・マリオット・ホテル・スクンビットはカテゴリー5のままのようです。

  • Hua Hin Marriott Resort & Spa 5から6
  • JW Marriott Khao Lak Resort & Spa 7から8
  • Renaissance Bangkok Ratchaprasong Hotel 5から6
  • Renaissance Phuket Resort & Spa 7から8

バンコクは機会があればいつでも行きたい街。

ホテルの場所もトンロー駅近くということで、個人的に好みのエリアです。

コートヤード・ソウル・タイムズスクエア

ソウルはカテゴリー4の「コートヤード・ソウル・タイムズスクエア」。

こちらも諸事情により検討したホテルです。

コートヤード香港沙田

香港にも該当ホテルがあるということで、チェックしたのがカテゴリー3の「コートヤード香港沙田」。

ただ、場所がちょっと・・・。

バスがあるため、空港アクセスは悪くないようですが、市街地からかなり離れているのがネック。

とはいえメトロ駅も近くにありますし、トランジットを利用した1泊利用ということであれば・・・とチェックリストに入れました。

まとめ

以前、SPGの無料宿泊特典の際にも、あれこれ悩んで結局は、リストアップしていなかった「セントレジス・バンコク」に決めましたので、今回もどうなるかはまだわかりません。

ただ、アジアであれば、今回挙げたホテルのいずれかが有力ですね。

前回同様、ヨーロッパでの利用についても検討していますので、欧州編につきましてはまた後日更新したいと思います。