Club CarlsonからRaddisson Rewardsへ エリートステータス延長の思わぬサプライズ

Radisson RewardsRadisson Rewards

パークインオスロエアポート

Club CarlsonからRaddisson Rewardsに変更後、第一弾となるプロモーションが発表になりました。

キャンペーン登録をするために、アカウントを確認したところ、一般会員にランクダウンしているはずが何故かシルバー会員のままの表示。

一体なぜ?

ということで、新しくなった会員特典を確認してみることにしました。

スポンサーリンク

Radisson Rewardsの会員特典

Radisson Rewards-member-

会員別の特典と、ランクアップ要件はご覧の通り。

シルバー:6滞在 or 9泊

ゴールド:20滞在 or 30泊

プラチナ:30滞在 or 60泊

昨年まではシルバーの場合、10滞在または15泊が必要。

私は昨年、ラディソンリワーズのホテルに宿泊する機会が多いであろうと思い、SPGのゴールド資格を利用して、ステータスマッチを申請しました。

一般的に、ステータスマッチの有効期限は1年程度で1度限り。

シルバー会員資格は大きなメリットはないものの、アーリーチェックイン・レイトチェックアウトができるというのは便利ですね。

アーリーチェックインとレイトチェックアウト:エリート会員ご本人様が宿泊される場合に限り適用されます。アーリーチェックインとレイトチェックアウトは、そのホテルの公式なチェックインおよびチェックアウト時刻の2時間前または2時間後を意味します。ホテルは、ご予約時に登録されているクレジットカード番号を要求する場合があります。
公式サイト:Radisson Rewardsの会員特典

さて、この会員資格についてなのですが、先月末に有効期限を迎えているはずでした。

昨年お世話になったとはいえ、私の宿泊履歴は7滞在12泊。

クラブカールソンの基準では、シルバー要件に満たないため、今年は一般会員にランクダウンだと認識していたのです。

ところが、新しくなったwebのアカウントページを確認すると、何故か来年まで有効期限が延長となっています。

これは、ラディソン・リワーズでの新基準である「6滞在または9泊」が適用されたためだと考えられます。

今年はポイント消費を検討していますので、思わぬサプライズに感謝ですね。

Earn up to 120,000 bonus points プロモーション

ラディソンブルーブラチスラバ

第一弾となるプロモーションの内容は以下の通り。

登録ページ

登録&予約期間:2018年4月15日まで

宿泊期間:2018年6月30日まで

  • 2泊:5,000ポイント
  • 5泊:15,000ポイント
  • 10泊:50,000ポイント
  • 20泊以上:120,000ポイント

*最大120,000ポイント。5泊の場合は、2泊分の5,000ポイントに加え、10,000ポイントで合計15,000ポイントという計算。

また、アプリからの予約で、予約毎に500ポイントとなっています。

まとめ

プロモーションの条件が「滞在」ではなく「泊」でカウントされるため、2泊、5泊コースであれば達成はそれほど難しくないのではないでしょうか。

成田のラディソンはカテゴリー変更対象ではなかったため、引き続き15,000ポイントで無料宿泊可能。

ラディソン・リワーズのポイントは、カテゴリー1-3のホテルで利用するのがオトクなようです。