クアラルンプールからペナンへ!マレーシア航空MH1162便搭乗記

ペナン搭乗記, マレーシア, MH-reviews

George Town Penangジョージタウン ペナン

マレーシア航空MH1162便、クアラルンプール発ペナン島行きフライトレビューです。

スポンサーリンク

乗り継ぎ

仁川国際空港を出発したMH67便は、クアラルンプールに無事到着。国内線乗り継ぎへと進みます。

イミグレーションは混雑なしでスムーズに通過することができました。

ということで、出発までの間、国内線のラウンジで休憩させていただきましょう。

ラウンジ

クアラルンプール国際空港には、新しくて快適な国際線ラウンジがございますが、今回利用させていただくのはこちら。

クアラルンプール空港 国内線ラウンジ

Domesticのゴールデンラウンジでもホットミールのサービスがございます。

ヌードルバーはペナンアッサムラクサ、ベジタブルワンタンメン、チキンワンタンメンの3種類。

クアラルンプール空港 ラウンジ ワンタンメン

フライトインフォメーション

航空会社 マレーシア航空
便名 MH1162
飛行区間 クアラルンプールーペナン(KUL-PEN)
クラス ビジネスクラス(Z)
スケジュール 19:30-20:25
飛行時間 55分
機材 B737-800
航空券代金 約63,000円
マイレージ加算先 BA
積算マイル数 223
ティアポイント 40

今回の航空券はマレーシア航空のセール時に購入いたしました。

ソウル発となりますが、約63,000円でペナンまで往復できるのですから、オトクなチケットだったと思います。

マイレージの加算先はワンワールドなのでブリティッシュ・エアウェイズへ。

わずか55分のフライト区間ということもあり、積算マイル(アビオス)数は223となります。

ただし、ティアポイントは40。

エコノミークラスの東京ーロンドン区間と同じということを考えますと、55分の区間でも40ポイントをいただけるMHの国内線ビジネスクラスはオトクですね。

ボーディング

KLIA 搭乗ゲート

ソウルを出発してから9時間以上。

ようやく最終目的地へ向け出発です。

座席/シート

マレーシア航空 B737-800

マレーシア航空 B737-800

この区間は、2-2配列のライフラットシート。

スケジュールは55分となっていますが、離陸するまでの待機時間が長いため、実際、上空にいる飛行時間はもっと短くなります。

機内食

マレーシア航空 B737-800

ウェルカムドリンクはオレンジジュース

マレーシア航空 B737-800 機内食

機内食はツナサンドイッチでした。

まとめ

ということで、ペナン国際空港に無事到着。

ハンドバゲージオンリーだったため、ロストの心配もなく、そのまま到着ホールへと出ました。

ATMでキャッシングした後は、タクシーでホテルへ。

羽田ーソウルークアラルンプールと乗り継ぎ、ようやく本来の目的地ペナンへと到着いたしました。