梁記嘉義鶏肉飯の絶品魯肉飯& 鶏肉飯ー台北旅行記

2015-12-252015.12月台北台湾

ホテルにチェックインした後は、早速ランチに出かけましょう。

向かったのは「梁記嘉義鶏肉飯」です。

スポンサーリンク

梁記嘉義鶏肉飯でランチ

ロケーション

梁記嘉義鶏肉飯
台北市中山區松江路90巷19號
TEL:+886 2 2563 4671
営業時間:10:00-20:00 日曜日休み

アクセス

最寄り駅は松江南京駅。
宿泊先のウェスティン台北からは徒歩でも可能なのですが、UBERで行くことに。

1512uber11.59キロ。歩きましょうよという距離ですね。

ハイヤーのUberBlackを依頼したため、174台湾ドル(665円)でした。

blackは初乗りが115台湾ドル。uberXですと初乗りは40台湾ドルとお得です。(*2日目からはUberXで節約)


台北ごはん 1食目

IMG_6903

ランチや夕食の時間帯には行列覚悟ということでしたので、14時前なら大丈夫かな?と思ったのですがご覧の通り。

IMG_6912

観光客だけではなくローカルの人に人気があるというのは美味しい証拠?

IMG_6907行列に並ぼうとすると、強面の店主さんが中へ中へと招き入れてくれました。

どうやら前のお客さんはテイクアウトのようですね。

店内もご覧のように混雑していますから相席です。

IMG_6909店頭でおかずの小皿をとりますと

IMG_6910

魯肉飯(ルーローハン)か 鶏肉飯(チーローハン)かと聞かれます。

続いてスープ

IMG_6911貢丸湯=肉団子スープにしました。

お会計は先にレジでするようなのですが、私たちが席に座ってモタモタしていたので店主さんがテーブルでお会計。

強面ですが、親切なおじさんです。

IMG_6908

IMG_6904

料理が揃いました。

私は魯肉飯(ルーローハン)、主人は鶏肉飯(チーローハン)です。

IMG_6905

IMG_6906もちろんこの上には卵をのせていただきますよ。

小食の私にはちょうど良い量でペロリと完食。

甘い台湾ソーセージも美味しかったです。

お会計

合計は175台湾ドル(約700円)。

Uber料金とほぼ同じというなんともリーズナブルなランチでした。