ホーチミンでVIETTELのSIMカードを購入ー料金・プランなど@タンソンニャット国際空港

2016-03-132016.3月ホーチミンsimカード, ベトナム

ホーチミン・タンソンニャット国際空港に到着後、VIETTELのSIMカードを購入いたしました。

最近は、日本で事前に購入しても安いため、時間の節約のためにはネットで購入しておく方が安心かもしれません。

スポンサーリンク

VIETTELのSIMカード

IMG_7445

イミグレーションを出て到着フロアに着くと、すぐ近くにSIMカード売り場がありました。

IMG_7451

コンパクトな空港ですから歩き周らずに済みます。

既にベトナムドンをお持ちの場合は、入国審査の手前にもSIMカードの販売ブースが設置されていましたので、審査前に購入可能。

何しろ長い入国審査ですから、ネット環境がありますと便利です。

(また、審査を終えた後、手荷物引き取り場に向かう階段を下りる前の両替所にも、SIMの看板がありました。)

私は歩き回るのが面倒でしたのでATMの反対側にあったこちらのお店で購入しましたが、ターミナル内の他のお店でも売っている場所はありそうです。

ホーチミン空港でのSIM購入は心配はなさそうですね。

IMG_7450

こちらのお店ではVIETTELのSIMカード、パッケージが用意されていました。

今まではmobifoneでしたので、今回はVIETTELを試してみましょう。

データ通信のみか、通話でも使うのかはお好みで。

<通話&データの場合>

①200,000VND 1.2GB/30日

②200,000VND 1GB/30日

通話に使用できる残高が事前にチャージされているようです。

ホーチミン市内通話で少し利用するくらいであれば十分とのことでした。

<データのみの場合>

③150,000VND  3.5GB

④200,000VND  7GB

⑤250,000VND  10GB

私は旅行中、現地のお店に電話をかけることが度々あるため、通話料込みのパッケージ①をお願いします。

200,000ドン=約1,020円です。(2016.3)

ホーチミンのカフェやレストランではwifiが使用できるところが多いですし、ホテルの部屋ではホテルのwifiを利用しますので1.2GBもあれば十分でしょう。

愛用のSIMフリーiPhone6sを差し出し、設定をお願いします。

店員さんが慣れた手つきでSIMを差し替え。

IMG_7459

nanoSIMに対応しています。

スマホに挿すと、すぐに利用可能となりました。

複雑な設定は不要のようです。

まとめ

今回の旅では訪問先はベトナムのみということもあり、空港でSIMカードを購入しました。

最近は日本でも安くSIMカードを購入することができますので、手頃なものが見つかれば、購入しておいても良いかもしれません。

私自身、周遊旅行の際にはネットで購入し、旅に出ました。